日刊サイゾー トップ > 芸能  > 記者たちが見た「悪質ハニトラ現場」

フジ山崎夕貴アナも警戒! 有名芸人にプロ野球選手……記者たちが見た「悪質ハニトラ現場」

山崎夕貴アナ公式ホームページより

「すぐにいっちゃうと思う。本当にやめてほしいです。ハニートラップ」

 そう叫んだのは、フジテレビの山崎夕貴アナウンサー。レギュラー出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ハニートラップを使った“別れさせ工作”の裁判を紹介した際に、ダウンタウンの松本人志に、

「こんなんやられたら、山崎の旦那なんてすぐにハマるよ」

 と言われての返答だった。

 今年3月に、お笑い芸人・おばたのお兄さんと結婚したばかりの、新婚ほやほやの山崎アナだが、おばたには、山崎アナとの熱愛発覚直後に浮気が発覚するという“前科”があるだけに、山崎アナが警戒するのも無理はない。

 最近、写真週刊誌などへ男性芸能人のベッド写真流出が続出しているのを見てもわかるように、ハニートラップはいまも多く存在する。

「記事としては、“ヤリ捨てられた女性による怒りの告発”の体をとっていますが、実際は週刊誌からの10~20万円程度の謝礼を目当てにしたハニートラップ。簡単に引っかかる方も、バカとしか言いようがありません」(芸能記者)

 13年に立て続けに2人のAV女優の密会が発覚した、明石家さんまのケースも、まだ記憶に新しい。

「紗倉まなとは焼き肉デートと自宅密会をキャッチされ、優希まことにはベッドの中のことまで克明に暴露され、さんまも『ハニートラップや!』とネタにするしかありませんでした。優希は、2012年に一度、AVを引退していましたが、これをきっかけにAV界に復帰しています。かねてより、優希のことを『お気に入り』と公言していたさんまをカムバックの宣伝に利用したとみるのが自然でしょう。当時、AVキャバクラに激ハマりしていたさんまは、ほかにも人気女優を何人も食い散らかしていましたから、これに同情するAV関係者はいませんでした」(芸能記者)

 また、古参の週刊誌記者は、自身が目の当たりにしたハニートラップの現場について、こう明かす。

「かつて、清原和博、佐々木主浩とパンチ佐藤に、立て続けに女性問題が発覚したことがありました。実は、3人の相手女性は同一人物。フリーの週刊誌記者と組んで、人気野球選手をハメたのが真相でした。清原と佐々木をハメた後に、2人とも名前が“カズヒロ”であったことに気づき、勢いついでに、パンチ佐藤(本名:佐藤和弘)も狙われ、まんまと引っかかってしまったと言われています。当時、パンチは新婚で、釈明会見まで開く羽目になりましたから、気の毒でした」

 おばたのお兄さんも、山崎アナを失望させないように、くれぐれも気をつけてほしいものだ。

最終更新:2018/09/20 23:30
こんな記事も読まれています

フジ山崎夕貴アナも警戒! 有名芸人にプロ野球選手……記者たちが見た「悪質ハニトラ現場」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...…
写真