日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 日村『乃木坂工事中』に異変!

バナナマン・日村勇紀“16年前の淫行疑惑”処遇を審議?『乃木坂工事中』の番組表に異変!

バナナマン・日村勇紀

 どうやら今後については“審議中”のようだ。

 写真週刊誌『フライデー』(講談社)で淫行疑惑が報じられていたバナナマンの日村勇紀が、9月22日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に出演した。

「この日は乃木坂46の全国ツアー宮城公演のライブ会場裏にバナナマンの2人が潜入するという内容でした。番組では、トレーナールームでマッサージを受けているメンバーに日村が『やってあげようか』とセクハラ口撃。テロップには『日村ハラスメント』の文字が躍る場面もあり、ネット上では『笑えない』『タイミング悪すぎ』との声が上がりました」(芸能ライター)

 ともあれ、番組が無事に放送されたことでファンは一安心、このまま通常運転かと思いきや、どうもそうではなさそう。テレビ誌ライターが明かす。

「9月24日現在、次週の番組表では『乃木坂工事中』の内容欄が空白になっているんですよ。同番組の後に続く坂道グループの『欅って、書けない?』には、〈菅井・守屋のご褒美ペアロケ〉、『ひらなが推し』には、〈けやき坂46 なんでもランキング前半戦〉ときちんと内容が明記されている。番組では『次週宮城公演開幕 バナナマン大熱狂』との予告テロップも流れていたため、あきらかに不自然です。今回は時間的に間に合わなかっただけで、対応はこれから協議されるということでしょう」

 16年前のこととあって日村を擁護する声は多いものの、もし行為が事実であれば、同じく未成年に手を出した小出恵介や山口達也が芸能界を追放されたこともあり、イメージダウンは避けられない。。

「日村の武器は、“顔はキモイが根はいいやつ”だったが、中身もキモかったことで、彼の芸風を素直に笑えなくなった乃木坂ファンも多い。ましてや『乃木坂工事中』は性的な笑いも多く、例えば、一緒にお風呂に入ろうとする日村に生田絵梨花が言い放つ『いやらしい目で見なければ』というネタなどは生々しすぎる。もし番組終了となれば、個人仕事の多いメンバーは問題ないでしょうが、この番組でしか出られないメンバーは最悪でしょう」(アイドル誌ライター)

 たった一日で乃木坂との相性が最悪になってしまった日村、このまま番組出演を続けられるのだろうか。

最終更新:2018/09/25 10:00
こんな記事も読まれています

バナナマン・日村勇紀“16年前の淫行疑惑”処遇を審議?『乃木坂工事中』の番組表に異変!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

 神々のたそがれならぬ、日本企業のたそがれなのか。人気女優・宮崎あおいが2007年か...
写真