日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂46白石麻衣「小嶋陽菜状態」?

乃木坂46・西野七瀬の卒業で白石麻衣“ワントップ”体制に!「小嶋陽菜状態」となるのか

乃木坂46・白石麻衣

 乃木坂46の西野七瀬が20日、グループの公式ブログで卒業を発表した。年内いっぱいで活動を終了し、来年に卒業コンサートを行う予定。卒業後も、芸能活動を続ける。

 西野は白石麻衣と並ぶ、乃木坂の“人気ツートップ”。デビュー当初は目立たない存在だったが、握手会でのファン対応の良さから人気が急上昇。現在ではシングルのセンターに6度選ばれるなど、中心メンバーとして活躍する一方で、ファッション誌の専属モデルも務めている。関係者によると、「グループを離れて1人でやってみたい」という思いから、卒業については1年前から所属事務所と水面下で協議を続けていたという。

「グループ屈指の人気を誇る西野ですが、現場ではおとなしすぎて周囲から対応に困るという声も出るほど、引っ込み思案な性格。それだけに卒業後のピンでの活動には不安もありますが、1人でやってみたいという熱意があるぐらいだから、まあ大丈夫なのでしょう(笑)。現在、人気のピークにある乃木坂も、5月に初代センターでグループの象徴的存在だった生駒里奈が卒業し、今度は中心メンバーの西野が続くわけですから、転換期を迎えているのは間違いない」(アイドル誌編集者)

 デビューから7年、1期生メンバーの高齢化に伴い、これまでも世代交代の必要性が指摘されてきた乃木坂だけに、事あるごとに主要メンバーの卒業が取り沙汰されてきた。中でも、26歳の白石は常に“次の卒業”の大本命だった。

「昨年11月にグループ初の東京ドーム公演が行われた際にも、白石の卒業発表があるのではないか、などとウワサされたものです。美形揃いの乃木坂メンバーの中でも屈指の美貌を誇る白石は、アイドルに関心のない層、特に女性層を取り込み、乃木坂の成長を牽引してきました。西野がファン人気ナンバーワンであるのに対し、白石はグループの“広告塔”として、新たなファン層を獲得する役割を担ってきたわけです。これは白石にしかできない役割で、運営としてもまだ彼女を手放したくないのでは。個人的には、AKB48のメンバーだった小嶋陽菜のような立ち位置で、グループ活動を続けるのではないかと考えています。小嶋も持ち前の美貌でアイドルファン以外にもアピールし、たびたび卒業がささやかれながらも、古参メンバーが卒業する中、長らくグループに在籍していましたからね」(同)

 今後、1期生を中心に乃木坂から巣立つメンバーが相次ぐことは想像に難くないが、それでも西野に続いて白石というセンはないと見るべきか。

最終更新:2018/09/25 17:00
こんな記事も読まれています

乃木坂46・西野七瀬の卒業で白石麻衣“ワントップ”体制に!「小嶋陽菜状態」となるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

ゆるふわ系殺し屋マンガ2選

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライン...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真