日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元ヒスブルTama“ライブ活動休止”原因

元Hysteric Blue・Tamaの“ライブ活動休止”原因は、元バンドリーダー「レイプ犯」の満期出所か

Tamaオフィシャルブログより

 1990年代末~2000年代初頭に人気を博したロックバンド、Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)の元ボーカルのTamaが公式ブログで、ライブ活動の休止を発表した。

 Tamaによると、今年デビュー20周年の節目を迎えるに当たって、なんらかのケジメをつけたいと考え、10月28日のツアーファイナルをもって、今後のライブ活動を休止することにしたという。しかし、デビュー20周年というめでたいこの時期に、なぜ活動を休止するのか?

「2014年に逮捕されたバンドのリーダーだったナオキが、この10月に服役中の山形刑務所から満期で出所してくるんです。となると当然ですが、Tamaにもコメントが求められたりと、ネガティブな脚光を浴びたりすることが考えられます。自身の活動だって、やりづらくなるのは言うまでもありません。こうしたことを回避したかったのでしょう」(音楽ライター)

“ヒスブル”の愛称で知られるヒステリック・ブルーは、1998年10月にメジャーデビュー。翌年に発表した2ndシングル「春~spring~」でブレークし、同年には『NHK紅白歌合戦』にも出場。しかし、2004年にナオキが強制わいせつにより逮捕されたことを受けて解散していた。

「ナオキは、女性1人に対する強姦とその他8人への強制わいせつ(未遂含む)という罪状で、懲役12年の実刑判決を受けました。あのヒスブルのリーダーが悪質なレイプ犯だったということで、当時は衝撃をもって報じられたものです。人気バンドのメンバーであれば、オンナに不自由するはずはないですから、もはや病気と言うしかない。単なるメンバーの不祥事ではなく、凶悪犯罪ですからね。他のメンバーにしてみれば、バンドの解散以上のダメージであったことは想像に難くありません。ただ、Tamaのファンにとって朗報なのは、今回は引退ではなく、あくまでも“休止”であるということ。ナオキの出所のほとぼりが冷めれば来年以降、彼女は間違いなく活動を再開するはずです」(同)

 バンド解散後は地道にソロ活動を重ねてきたTamaだが、事件から14年経った今でも、“過去の悪夢”に悩まされ続けるのは気の毒と言うしかない。

最終更新:2018/09/25 20:00
こんな記事も読まれています

元Hysteric Blue・Tamaの“ライブ活動休止”原因は、元バンドリーダー「レイプ犯」の満期出所かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真