日刊サイゾー トップ > 芸能  > ウエンツ卒業企画に視聴者困惑

留学&芸能活動休止のウエンツ瑛士『スッキリ』卒業! 門出を祝う企画が『不快』と視聴者困惑……

ウエンツ瑛士公式ブログより

 今年10月からロンドンに留学するため、9月末で芸能活動休止するウエンツ瑛士。9月25日には、火曜日のコメンテーターを務めている情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)内で卒業を報告した。

 この日の放送で番組卒業とあらためて留学することを報告したウエンツ。そんなウエンツの新しい門出を祝って、共演者たちからは次々と応援の言葉が。また、数々の著名人からVTRコメントが寄せられ、ウエンツと子役時代から縁がある大沢あかねは涙ながらにコメントをしていた。この演出にウエンツ本人も照れ笑いを浮かべるなど、スタジオは終始和やかな雰囲気に。視聴者もほっこりとした気持ちになったようで、SNSには「ウエンツ愛されてる~!」「留学しても頑張って!」などといった声が上がっていた。しかし、後半のある演出がその雰囲気を一変させてしまったという。

「この日、さだまさしさんがゲストコメンテーターとして出演しており、最後にウエンツさんに向けてお祝いとして生歌を贈ったんです。しかし、その選曲がまさかの『北の国から』。もしかしたら、急に『生歌をお願いします』とスタッフから振られたさださんが、視聴者のことを考えて、知名度の高い『北の国から』を選曲したのかもしれませんが、もっと門出にふさわしい曲が聞けると思っていた視聴者からは、『謎すぎる』『意味わからない』『しんみりなっちゃって不快だわ~』と批判とも取れる声が殺到。ウエンツさんも『なんでこれ?』といった表情で終始、困惑していました(笑)」(芸能ライター)

 さらにもう一点、視聴者が不快と感じたシーンがあったようで、

「それはMCを務めている水ト麻美アナウンサーが号泣したところ。以前、レギュラー出演していた芸人が卒業した際には、一切涙を流さなかった水トアナ。そのため、『好感度アップのための涙でしょ』『しらじらしい』といった批判の声が殺到。主役がどっちなのかわからないぐらいでしたね(笑)」(同)

 いろいろな部分で注目を浴びたウエンツ卒業企画だったようだが、当のウエンツ本人は長年、支えあった共演者やスタッフからの祝福によって、スッキリとした気持ちで卒業を迎えられたのかもしれない。

最終更新:2018/09/26 10:05
こんな記事も読まれています

留学&芸能活動休止のウエンツ瑛士『スッキリ』卒業! 門出を祝う企画が『不快』と視聴者困惑……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真