日刊サイゾー トップ > 芸能  > ベッキーの「完全復活」が難しい理由

ベッキー、自身初の全国ネット生放送MCも「完全復活」が難しい理由 ゲス不倫はただの口実?

関西テレビ放送『全人類がリサーチャー!特定せよ!』番組公式サイトより

 ベッキーが単独MCを務める生放送のバラエティー番組『全人類がリサーチャー! 特定せよ!』(カンテレ/フジテレビ系)が、10月8日夜10時30分~11時24分に全国ネ ットで放送されることとなった。

 写真の情報をもとに、 視聴者がその写真の場所や撮影時期などを特定するという同番組。3月と8月にカンテレで放送されていたものだが、第3弾にして全国ネットに躍り出る。ベッキーにとって、プライムタイムの生放送番組での単独MCは、芸能生活で初だという。今回のベッキーのMC起用について、とある制作会社関係者はこう分析する。

「2年半前のゲス不倫騒動以降、ベッキーの好感度は下がったままで、今でもやはり全国ネットのゴールデン・プライムタイムでは使いにくいのが正直なところ。今回はカンテレ制作の番組ということもあって、ベッキーが起用されたのでしょうが、これが在京キー局制作の番組であれば、全国ネットになったタイミングでMCが交代していたと思いますよ」

 2016年1月、「週刊文春」(文藝春秋)にて、ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫が報じられたことで、芸能活動休止に追い込まれたベッキー。それから約半年後に芸能活動を再開したものの、かつてのような“引っ張りだこ”といった状況からは程遠いままだ。

「確かに好感度は低いけど、もともとバラエティースキルが高いタレントさんなので、いくらでもイジる方法はあるはず。今なら巨人の片岡(治大)コーチとの熱愛ネタもあるし、そこそこオイシイタレントさんなんですよね。それでも、まだまだ使いにくいというのは、何か特別な理由もあるのだと思いますよ」(同)

 ベッキーが今なお完全復活できないのは、どうしてなのか……? あるテレビ局関係者はこう話す。

「そもそも、ベッキーのゲス不倫なんてどうでもいいといった声も聞こえてきます。つまり、ベッキーが干された理由は、ゲス不倫以外にもあるわけです。あるスタッフが言うには、もともとベッキーはスタッフに対してすごく冷たいところがあって、撮影現場でちょっと段取りが悪かったりすると、一気に機嫌が悪くなるようなこともあったそうです。とにかく、スタッフとしては気を使わなければならないタレントであるため、できれば使いたくなかったということだったみたいですね。そんな中でゲス不倫騒動が起きたもんだから、スタッフとしても『これりゃあラッキー』と番組から外していったとか」

 つまり、ベッキーを煙たがっていたスタッフが、少なくなかったわけだ。

「そんなスタッフたちが現場にいる限り、なかなか完全復帰とはならないでしょうね」(同)

ベッキーの前途は、まだまだ多難のようだ。

最終更新:2018/09/28 11:45
こんな記事も読まれています

ベッキー、自身初の全国ネット生放送MCも「完全復活」が難しい理由 ゲス不倫はただの口実?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真