日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 300巻超えのシリーズ本『岡山文庫』
昼間たかしの100人にしかわからない本千冊 51冊目

岡山ネタだけで300巻超え! 驚愕のシリーズ本『岡山文庫』を知っているか?

『岡山の山野草と野生ラン岡山文庫)』(日本文教出版)

 ライター稼業を何年もやってるのだが、売れている実感というのはあまりなく。ところが、今年出版した『これでいいのか岡山県』(マイクロマガジン社)は、まさかの重版。

 以前出したものに追加取材をして加筆修正をしたもの。正直「焼き直しだし、そんなに売れないかな」と思ったのだが、せっかくだからと全ページ改稿しまくったら、別の本になったのが功を奏した様子。

 というわけで、みんな大好き「大都会岡山」ネタを前後編で。

 取り上げたいのは「岡山文庫」である。

 実は筆者、長いこと「全国どこでも、こういうシリーズは存在するのだ」と思っていた。岡山では学校図書館にも揃えられているほどメジャーな本だから。

 この岡山文庫というのは、岡山市内にある日本文教出版が1964年から始めた文庫シリーズ。現在まで毎年、2冊×3回のペースで発行されているものだ。

「岡山文庫」のタイトルが示す通り、扱っているのは岡山県内のさまざまなネタ。すでに既刊は310巻。よくもネタ切れにならないなと思うのだが、これでもかとネタは出てくる。

 記念すべき第1巻は『岡山の植物』。以降『岡山の祭と踊』『岡山の焼物』というタイトルが続く。中には『吉備の女性』『蒜山高原』など例外はあるものの、だいたいが「岡山の○○」というタイトルになっている。

 いくらネタの宝庫の岡山とはいえ、そんなに書くことがあるのかと思うだろう。

 それがあるのである。中には『岡山の宗教』とか『岡山の方言』とお堅い本かな? と思わせるラインナップが多い。

 でも、その中にキラリと光るものがある。『岡山の海藻』『岡山の映画』『岡山の石』『岡山の門』などなど。『岡山のイコン』とか『岡山の木造校舎』なんて、よくもまあ丸々一冊を書くほどのネタをまとめたなというもの。

 近年のラインナップでは、さすがに「岡山の○○」というタイトルは苦しくなったのか、さまざまな工夫を凝らしたタイトルが使われている。それでも『岡山の山野草と野生ラン』という、岡山限定で? とタイトルで驚く本も登場する。

 おかげさまで『これでいいのか岡山県』を書いた時に「よくもまあ、その年齢で、そんな過去の背景まで調べていますね」と、珍しく称讃のコメントもいくつか頂いている。当たり前である、この「岡山文庫」をはじめとして、先人が残した文字資料というのが、岡山にはやたらと多いのだ。

 ほかの地域だと、人のウワサだけで終わってしまいそうな地域限定の社会問題でも、ちゃんと地元出版社から本になっていたりすることもある。

 なんで、岡山の人は、こんなにも自分の興味を文字に起こして残そうと思ったのか。

 その考察は次回へ。

(文=昼間たかし)

最終更新:2019/11/07 18:35

岡山ネタだけで300巻超え! 驚愕のシリーズ本『岡山文庫』を知っているか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真