日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > つかさセンパイのショタ心が爆発

子ども化した魁利たちのカワイサに、つかさセンパイのショタ心が爆発『快盗戦隊ルパンレンジャー』#33

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#33「僕らは少年快盗団」

 ルパンレンジャーたちがまさかの子ども化!

 ……ということで「ぼ・ぼ・ぼくらは少年探偵団」のパロディだと思われるサブタイトルだけど、そんなの40代のボクですらピンとこないネタだよ。今の子どもたちを置いてけぼりにしすぎ!

●よくこんな似てる子どもたちを集めてきたもんだ

 ギャングラー怪人のエンビィ・チルダ(CV:白鳥哲)の力で子どもにされてしまったルパンレンジャーたち。

 宵町透真(濱正悟)は1発、夜野魁利(伊藤あさひ)と早見初美花(工藤遥)は2発ずつ「コドモード光線」を受けてしまったため年齢差がついたのか、透真は中学生くらい、魁利と初美花は小学生3~4年生くらいの子どもに。

 魁利と初美花を比べると、初美花の方が身長が高いあたりも、このくらいの年頃だと女の子の方が成長が早いというのを表現していて見事!

 それにしても、よくもまあこんなに雰囲気の似た子どもを見つけてきたなと。

 子ども魁利は髪形でムリヤリ似せてきている感じもあるが、子ども透真なんて、本人の中学生時代と言われても納得しちゃうそうだ。

 あの子、演技もうまいし、ちょっと声変わりしているあたりもタマラナイ。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed