日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 人気芸人誕生は『おもしろ荘』のみ!?

ネタ番組のプチブームも、若手のブレークは困難……『おもしろ荘』以外ノーチャンスの厳しい現実

日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』番組公式サイトより

 2000年代の「ネタ番組ブーム」の終焉から、すでに10年近くがたとうとしている現在。お笑い界は再び「ネタ番組」にスポットが当たりつつある。

「かつてのブーム時の『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)のようなゴールデンタイムの人気番組があるわけではないですが、『ネタパレ』(同)や『にちようチャップリン』(テレビ東京系/10月から『そろそろにちようチャップリン』にリニューアル)、『有田ジェネレーション』(TBS系)など、深夜帯に若手芸人がネタを披露する番組が多く放送されています。人気急上昇中の若手だけでなく、まったく無名の芸人を起用することも多く、オーディションも頻繁に行われています」(お笑い系芸能事務所の関係者)

 そのほかにも、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)など、若手芸人が特技やショートネタを披露するチャンスがある番組も多い。

「いわば“ネタ番組プチブーム”といった状況ではあるのですが、これらの番組への出演をきっかけにブレークした無名の若手芸人が、ほとんどいない。話題になるのは、すでにある程度売れている芸人ばかりです」(同)

『ネタパレ』には、野性爆弾・くっきー、ロバート・秋山竜次などが不定期で出演、彼らは確かにブレークしたといえるが、いわゆる“無名の若手芸人”ではない。逆に、『ネタパレ』『にちようチャップリン』などに出演している、きつね、EXIT、クロコップなどのコンビは、無名に近い形から番組に出演するようになり、ネタ番組では重宝されているが、それ以外の番組にはまだまだ呼ばれていない。

「以前であれば、ネタ番組でハネたら、すぐにいろんなバラエティーに呼ばれていたのに、今はその流れがほとんどない。ネタ番組でちょっと結果を出しても、そこで終わってしまうんですよね」(同)

 そんななか、唯一ブレークのきっかけになる番組とされているのが、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の年末年始恒例企画『おもしろ荘』だ。

「去年はブルゾンちえみ、今年はひょっこりはんが出演し、それぞれブレークしています。2人とも、そのほかのネタ番組にはあまり出ていなかったこともあってか、業界内では“ブレークするのは『おもしろ荘』出身者のみ”というイメージが付き始めている。実際、『おもしろ荘』で結果を出した芸人は起用したいけど、他のネタ番組で頑張っている若手にはあまり注目しないなんていうバラエティーのスタッフもいるみたい。まあ確かに、制作サイドが“確実に売れそうな芸人”をキャスティングしたいというのはわかるんですが、『おもしろ荘』にしかチャンスがないという状況は、あまりよくないと思いますね」(同)

 プチブームが訪れてはいるものの、チャンスが大きく広がったわけではない最近のお笑い界。若手芸人には、まだまだ厳しい時代が続く。

最終更新:2018/10/01 10:00

ネタ番組のプチブームも、若手のブレークは困難……『おもしろ荘』以外ノーチャンスの厳しい現実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真