日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 吉澤ひとみ、引退後の生きる道

元モー娘。吉澤ひとみ被告、保釈姿が「美しい!」と絶賛の嵐!! 芸能界引退後の“生きる道”とは?

吉澤ひとみ写真集『よっすぃー。』(ワニブックス)より

 飲酒運転にひき逃げ、信号無視にウソの供述――芸能人としての自覚以前に、社会人として、母親としての自覚さえ疑われる事件を起こし、自ら芸能界引退を決意した、元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告。

「吉澤は、2000年4月に行われた『モーニング娘。第3回追加オーディション』で、石川梨華、辻希美、加護亜依と共に加入。グループは前年の『LOVEマシーン』大ヒットで国民的アイドルとして人気絶頂期で、吉澤はある意味、スターとしての成功を約束された中での加入でしたが、すぐに個性を発揮できたかというとそうでもなかった。彼女が本当に輝き出したのは、03年、ハロプロのフットサルチーム『Gatas Brilhantes H.P.』(以下、ガッタス)のキャプテンとして活躍するようになってから。類まれな身体能力、闘志みなぎるプレーに、ファンを急増させました。本人も『スポーツをしているときが、一番、自分らしくいられる』と話していましたが、一方で、芸能人としての本分であるドラマ、バラエティでの仕事ではこれといった印象を残すことができませんでした。ガッタスの活動が休止になって以降、彼女の輝ける場所がなくなっていましたよね」(アイドルライター)

 だからといって、起こした事件の重大性、悪質性に情状酌量の余地はない。だが、そんな吉澤被告が一部で思わぬ評価を受けているという。

 9月27日に、保釈保証金300万円を納付し、拘留されていた原宿署から保釈され、詰めかけたマスコミの前に現れた姿が、「最強に美人」とネット上で絶賛されているのだ。

「ナチュラルメイクに、白いブラウスに黒のスカートという無駄を一切排除したスタイルによって、持って生まれた美貌を見事に際立たせていました。青白く憔悴した表情も、妙にエロティックでした。その様子がファン心理をかき立て、一部の熱狂的なファンは『今こそ、彼女を支えるべき』と盛り上がり始めているそうです」(同前)

 すぐにとはいかないまでも、今後、復活の芽がないとはいえないが、事務所を辞めたことで、さまざまな勢力が近づいてくることも予想される。

「あるAV関係者は、『吉澤なら契約金1億円でも安い」と言っています」(芸能関係者)

 15年に結婚したIT企業経営者との夫婦関係がうまくいっていなかったという話や、事件直前まで一緒に飲んでいたのは不倫相手だという報道もあり、今後、離婚する可能性も低くはなさそう。さらに、アルコール依存症疑惑もささやかれており、これが本当なら子どもの親権を失う場合もあり、彼らを勢いづかせる要因となっている。

「となれば、吉澤に付け入る隙は十分にあると、さらなる札束攻勢がかけられるのでは?」(同)

 まだ小さな子どものためにも、今度こそ間違った選択をしないようにしてもらいたいが……。

最終更新:2018/10/03 09:39

元モー娘。吉澤ひとみ被告、保釈姿が「美しい!」と絶賛の嵐!! 芸能界引退後の“生きる道”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真