日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ『RIZIN』中継に苦情殺到!

フジテレビ格闘技『RIZIN』中継に苦情殺到! ケンコバ、勝俣、一茂のワイプに……

『RIZIN』オフィシャルサイトより

 格闘技ファンは激おこだ!

“平成最後のビッグマッチ”と言われた那須川天心VS堀口恭司戦や、先日死去した山本KID徳郁の姉・山本美憂の試合など、注目カードが目白押しだった格闘技番組『RIZIN.13』(フジテレビ系)が、9月30日に放送され、視聴率6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。裏番組で米倉涼子主演のドラマ『ドクターXスぺシャル』(テレビ朝日系)、TOKIOの人気バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!! 2時間スペシャル』(日本テレビ系)が放送されている中でのこの数字は、十分に健闘したといえる。

 しかし中継したフジテレビに対しては、視聴者から批判が殺到していたという。

「フジの格闘技番組は『PRIDE』時代から、『60億分の1の煽りVアーティスト』のニックネームを持つ映像クリエーター佐藤大輔による『煽りVTR』が人気を博してきました。しかし、今回から煽りV中にワイプを出して、ケンドーコバヤシや勝俣州和、長嶋一茂にベラベラとしゃべらせる意味不明の演出を展開。そのため音声が被り、ナレーションや選手の声が聞こえないという状況が最後の試合まで続いたのです」(テレビ関係者)

 これにはネット上で「煽りブイにワイプでタレントがしゃべりを被せるのほんまやめろ! 盛り下がるわ」「芸人の声がうるさすぎる!」「史上最低の演出だ」「フジが格闘技に対して愛がないのがわかった」といった辛辣な意見が連打され、途中で空気を読んだのか、ケンコバが黙り込む場面もあった。

「出演者たちもディレクターの意向に逆らえなかったのかもしれませんが、浅草キッド・玉袋筋太郎もTwitterで『煽りVは要らないってことなのか……』と苦言を呈し、他にもプロ格闘家や映像関係者から怒りの声が上がりました。また、那須戦では入場行進の途中でCMを入れるフジの演出にも『呼吸をするようにCM入れて緊張をぶつ切りにする……バラエティじゃないんだぞ、本当にいいかげんにしろ!』との批判も多く聞かれます」(同)

 この日、会場の外は台風で大荒れだったが、フジの中継はそれ以上にネットを大荒れにしてしまったようだ。

最終更新:2018/10/03 17:00
こんな記事も読まれています

フジテレビ格闘技『RIZIN』中継に苦情殺到! ケンコバ、勝俣、一茂のワイプに……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真