日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 『涼宮ハルヒ』はオワコンじゃない?

5年ぶりにようやく新作短編掲載! それでも『涼宮ハルヒ』シリーズはオワコンじゃないのか

『涼宮ハルヒの憂鬱』(KADOKAWA)

 かつては世界を席巻した『涼宮ハルヒ』シリーズの新作小説が10月末に登場することが発表され、話題を呼んでいる。

 谷川流氏による新作の発表は、実に5年ぶりのこと。今回は、2011年に休刊となったライトノベル誌「ザ・スニーカー」(KADOKAWA、以下同)が、角川スニーカー文庫創刊30周年を記念して1号限りの復活を果たす「ザ・スニーカーLEGEND」へ掲載。表紙にもハルヒが登場することで、話題を呼んでいるのだ。

 かつては知らぬ者はいないほどのブームをつくった『涼宮ハルヒ』シリーズであるが、すでに懐かしコンテンツになろうとしている。原作小説の刊行が始まったのは03年。06年から放送されたテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』は大きなブームとなり、エンディングで流れるハルヒダンスを踊る人々があちこちに現れた。10年には劇場版アニメとして『涼宮ハルヒの消失』が公開。15年にはスピンオフ作品である『長門有希ちゃんの消失』がテレビアニメ化された。

 こうして大成功したシリーズであるが、原作小説の刊行は11年が最後。中短編の掲載も、すでに5年も途絶えていた。もはや、最初のテレビアニメから楽しんでいた世代も、おっさんおばさんの年齢に達しようとしているハズ。

 パッと見れば、既に終わったコンテンツが懐古厨なリアルタイマーの間で話題になっている現象。しかし実は、まったくそんなことはない。

「今の30代以上のライトノベル読者は、ずっと新作を待ち続けている手堅い購買層です。11年に4年ぶりの刊行となった『涼宮ハルヒの驚愕』は前後編ともに初版が50万部を超えました。読者は懐古ではなく新作を待ち続けているんです。これは『ザ・スニーカーLEGEND』に同時掲載される『ロードス島戦記』などにもいえるでしょう」(ラノベ編集者)

 読者は、過去に愛好した作品を懐かしがって買うのではなく、常にリアルタイマーというわけである。

「それこそ『アルスラーン戦記』なんて、第1巻が発売されたのは、まだ昭和だった1986年。完結は2017年。この間、ずっとファンは待ち続けていたわけですから。『涼宮ハルヒ』シリーズがどう完結するのかはわかりませんが、あと20年くらい続いても読者はついてくるんじゃないでしょうか」(同)

 テレビアニメも「第3期」が期待される『涼宮ハルヒ』シリーズ。次の単行本とアニメは、東京オリンピックが終わったくらいか?
(文=大居候)

最終更新:2019/03/04 13:32

5年ぶりにようやく新作短編掲載! それでも『涼宮ハルヒ』シリーズはオワコンじゃないのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真