日刊サイゾー トップ > 芸能  > 米倉涼子、新ドラマ宣伝が逆効果に!?

米倉涼子『リーガルV』じゃなくて……『ドクターX』待望論が再燃! テレ朝、新ドラマ宣伝の再放送が逆効果に!?

|テレビ朝日系『ドクターX ~外科医・大門未知子~ スペシャル』番組公式サイトより

 米倉涼子主演の『ドクターXスペシャル~復刻版~』(テレビ朝日系)が9月30日午後9時からオンエアされ、“復刻版”であるにもかかわらず、16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と驚異的な視聴率をマーク。改めて、同ドラマの人気を示すと共に、続編放送を待望する声が再燃してしまったようだ。

 同作は早い話、2016年7月3日にオンエアされた作品の再放送。番組の最後に米倉からのメッセージが流されるとあって注目を集めていた。米倉の話は、10月スタートの新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の番宣で、“復刻版”ながら、わざわざゴールデン帯で放送した同局の狙いは、むろん新ドラマのPRだったはず。ところが、再放送であるにもかかわらず、16%超えを果たしたことで、『ドクターX』ファンの熱い思いを燃え上がらせる結果になった。

「やっぱり『リーガルV』じゃなくて、『ドクターX』が見たい!」「今年は無理だろうけど、来年は『ドクターX』を放送してほしい」といった趣旨の声が、ネット上で続々と上がっている模様。

 新ドラマ『リーガルV』は、弁護士資格をはく奪された主人公・小鳥遊翔子(米倉)が、弱小法律事務所を立ち上げ、超エリート弁護士らを相手に、どんなに不利な訴訟でも、“V”ictory(勝利)を手にするために突き進んでいくストーリー。どことなく、設定が『ドクターX』に似ているということで、放送がスタートすれば、「やっぱり『ドクターX』の方がよかった」などと、またまた『ドクターX』待望論が巻き起こる可能性もありそう。

「『ドクターX』は、夕方の再放送でも7~8%台を記録するなど、根強い人気を誇っています。連ドラ続編をオンエアすれば、20%前後は確実に取れるとあって、テレ朝の本音は、再び同ドラマの続編を制作したいはず。とはいえ、当の米倉の強い希望で、新ドラマをつくらなければならなくなった以上、コケるわけにはいきません。しかし、大ヒットすれば、『ドクターX』続編をやりづらくなるでしょうから、テレ朝にとっては、複雑な思いなんじゃないでしょうか?」(テレビ誌関係者)

 ファンとしては、「新ドラマより、『ドクターX』を見たい」と思うのは、当然のこと。だが、今年は放送しない以上、後ろを振り返っても仕方がない。果たして、『リーガルV』は『ドクターX』に匹敵する視聴率を挙げることができるのか注目されるところだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/10/04 12:00
こんな記事も読まれています

米倉涼子『リーガルV』じゃなくて……『ドクターX』待望論が再燃! テレ朝、新ドラマ宣伝の再放送が逆効果に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真