日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有働アナ『あさイチ』ノリのまま!?

これって報道番組? 有働由美子アナの新生『zero』好発進も……『あさイチ』ノリのまま!?

日本テレビ系『news zero』番組公式サイトより

 3月いっぱいでNHKを退局した有働由美子アナがメインキャスターに就任した、新生『news zero』(日本テレビ系)が1日にスタートした。同日の視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とギリギリ2ケタに乗せたが、同番組の視聴者にとっては、違和感たっぷりの船出となったようだ。

 9月最終週の視聴率は、24日=7.8%、25日=8.5%、26日=7.5%、27日=7.9%、28日=5.5%で、その週と比べると、かなりアップしたように見える。だが、前4週の平均は9.3%で、10月1日の視聴率は微増といったところ。

「前身である『NEWS ZERO』の視聴率は、故・小林麻央さん、鈴江奈々アナ、山岸舞彩らが出演していた頃は2ケタ超えも珍しくありませんでした。しかし、山岸が降板後、地味な久野静香アナ、フリーの小正裕佳子アナがサブキャスターを務めるようになると、視聴率も低迷していました。元NHKのエースである有働アナがメインキャスターに就任した初日は、好奇心から、ふだん見ていない視聴者も多数見たでしょうから、10%突破は当然。問題は今後、それをキープしていけるかどうかで、前任の村尾信尚氏の時代と、たいして数字が変わらなければ、有働アナを投入した意味はありません」(テレビ誌関係者)

 有働アナの就任に合わせて、日テレでは番組タイトル表記を変更し、オープニングテーマ曲もマイナーチェンジするなど、まさに“VIP待遇”で迎えた。初日は、有働アナのあいさつから始まったが、噛んだり、言葉が出てこなかったりする場面も多く、使用する言葉遣いも、とても報道アナのそれではなかった。ノリ的には、有働アナが3月まで担当していた『あさイチ』を見ているような雰囲気だった。

 有働アナの提案もあり、番組テーマは「みなさんと一緒に考えるニュース番組」で、Twitterを通じて、視聴者からの意見を募集するようになった。だが、このシステムは古巣の『ニュースチェック11』で取り入れており、“企画パクリ”といわれても否定できそうにない。

 2日の放送では、日テレにレギュラー番組をもたないタレント・タモリとの対談がオンエアされたが、報道番組に必要な内容とはとても思えず、有働アナの自己満足企画そのものだった。

 日テレは否定しているものの、有働アナのパートナーに内定していたとされる、前報道局の青山和弘氏がセクハラ疑惑で他部署に飛ばされ、強力なサポート役は不在。ニュースを担当するのが、報道経験が浅い岩本乃蒼アナと畑下由佳アナでは、なんとも心もとない。“頼みの綱”は、有働アナが続投を希望したという嵐・櫻井翔だが、月曜日しか出演しないため、ほかの曜日は、頼れる人物がいない。

「有働アナは、かつて『おはよう日本』や『NHKニュース10』で報道の経験はありますが、それは遠い昔の話。近年は『あさイチ』の担当が長かったため、ノリは完全に情報番組。“報道”を見たい視聴者にとっては、新生『zero』はちょっと厳しい印象です」(同)

 NHK退局後、有働アナは「現場取材にこだわったジャーナリスト」を標榜したはずだが、現状、現場に赴くわけでもなく、自身の見解を述べるわけでもないだけに、その道は通そう。タモリとの対談で喜んでいるようでは、とても報道番組のメインキャスターとしての責任をまっとうしているとはいえそうにない。それでも、日テレ的には数字さえ取ってくれれば問題はないのだろうが……。
(文=田中七男)

最終更新:2018/10/05 20:00

これって報道番組? 有働由美子アナの新生『zero』好発進も……『あさイチ』ノリのまま!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

“鬼母”長澤まさみが恐怖

 人気コミックの実写化映画『キングダム』...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真