日刊サイゾー トップ > 芸能  > オスカーと新しい地図、会見でお土産

「オスカー」と「新しい地図」の会見は“記者大喜び”!? テレビ局が出さないお土産を自前で……

米倉涼子

 東京・六本木のテレビ朝日本社で10月2日、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の制作発表会見が行われた。会見では、主演の米倉涼子のほか、共演者の向井理、林遣都、勝村政信、菜々緒、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、内藤理沙、宮本茉由、小日向英世、高橋英樹が登場。さらにはスペシャルゲストとして女子レスリングの吉田沙保里選手も登壇するなど、豪華な記者会見となった。

「『ドクターX』シリーズで高視聴率を叩き出している米倉の新ドラマということで、テレビ朝日もかなり気合が入っている。映画の舞台挨拶ならまだしも、ドラマの記者会見でこれだけたくさんのタレントを集めるというのも珍しいです」(取材をした週刊誌記者)

 さらに今回の記者会見では、ちょっとしたお土産が出たという。

「取材に来た記者たちに、のし袋に包まれたぬれ煎餅が配られました。実はオスカープロモーションのタレントが出演する記者会見では、お菓子のお土産が恒例になっています」(同)

 ぬれ煎餅とはささやかなお土産だが、こういった気配りが、意外に高ポイントなのだという。

「テレビ業界の景気が良かったころは、新番組の記者会見なんかの時には、局がいろんなお土産を用意していたものです。それこそ“お車代”という名目で、5,000円とか1万円が包まれていたこともあった。でも、ここ最近はテレビ局もお金がなくて、会見に来た記者にお土産を配るなんてことはまずありません。そんな中、オスカー所属のタレントが会見に出た時は、事務所がお土産を用意してくれるんですよ。意外と高価でオシャレなお菓子をもらえることもあって、記者たちは喜んでいます。そのおかげもあってか、オスカータレントが出る会見は記者の集まりも良いですね」(ベテラン芸能記者)

 本来であれば、番組を宣伝してくれるマスコミに、テレビ局側が媚を売らなければならないはずなのに、芸能事務所であるオスカーのほうが記者たちをもてなしているということなのだ。

「オスカーだけでなく、『新しい地図』の3人が登場する記者会見でも、事務所側がお土産を用意してくれることが多い。そのあたりは、さすがの飯島さんです」(同)

「飯島さん」とは、ご存じ、元SMAPの3人が所属する株式会社カレンを立ち上げた飯島三智氏のこと。ジャニーズ事務所時代には、SMAPのチーフマネジャーとして、メディアに対し大きな影響力をもっていた人物だ。

「ジャニーズ事務所に対する忖度として、元SMAPの3人は取り上げられづらい状況にあるといわれていますが、それでも飯島さんがそれなりにメディアをもてなしてくれるし、なんだかんだ干されることなく活動を続けている。ちょっとしたお菓子を配るだけでも、マスコミの対応は間違いなく変わります」(同)

 簡単なお菓子を配るだけでマスコミが味方になるというのは、なかなか貧乏くさい話に聞こえるが、“来てくれて当たり前”という態度よりは、気持ちが“形”として表されると、やはりうれしいもの。しかも、そんなお菓子ですらテレビ局側は配ろうとしないというのだから、テレビ界の景気の悪さは、どうしようもないところまで来ているのかもしれない。

最終更新:2018/10/05 10:00

「オスカー」と「新しい地図」の会見は“記者大喜び”!? テレビ局が出さないお土産を自前で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

北野武の新作撮影は前途多難

 お笑い界の重鎮・ビートたけしが、映画監督・...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真