日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉澤ひとみが会見を開かなかったワケ

元モー娘・吉澤ひとみ被告が謝罪会見を開かなかったワケ「事務所の管理体制が……」

吉澤ひとみ写真集 『8teen』(ワニブックス)

 自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴され、先月27日に保釈された元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告が、芸能界引退を発表した。所属事務所がマスコミ各社にファクスで報告。吉澤被告は自筆の署名入りの文書で「この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」とし、「なにより、怪我をされた方々に深くお詫びを申し上げます」と謝罪した上で「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」とつづった。

 吉澤被告本人から引退の申し入れがあり、当日付けで専属マネジメント契約を解除したという。

 起訴状によると、吉澤被告は9月6日朝、酒気帯び状態で乗用車を運転。東京都中野区内の路上で赤信号を無視して交差点に進入し、男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃走した。事故直前には法定速度を26キロ上回る時速86キロで走行していたことが判明している。

 保釈後、吉澤被告は病院に直行。事務所関係者は「会話ができないぐらい憔悴している」と説明した。

 とはいえ、当初の予定では保釈後に謝罪会見が組まれる予定だった。スポーツ紙記者の話。

「所属事務所もそうアナウンスしていたが、突然、彼女の芸能界引退が発表され、会見自体もなくなった。その後の事務所の対応はスピーディーで、彼女の公式ブログは削除され、事務所ホームページからも彼女の名前は消えた。幕引きを急いでいる様子だった」

 仮に謝罪会見を行っていたら、タクシーを使わなかった理由や、マネジャーの送迎がないことなど、もろもろ突っ込まれていただろう。

「私的なタクシー利用はNGだし、仕事場への送迎もここ数年は減らしていましたからね。『事務所の管理体制にも問題があった』という話になるのを恐れていた」(同)

 あっさり“切られた”吉澤被告だが、会見を行わなかったことで、マスコミは“延長戦”に突入。現在、彼女はアルコール依存とメンタル面の治療のため、東京郊外の病院に入院しているが「肉声をキャッチしようと、複数のマスコミが張りこんでいます。会見をしない弊害は、こういうところにも表れますよね」(週刊誌記者)。

 引退して一般人になったとはいえ、心休まる日はまだまだ先のようだ。

最終更新:2018/10/06 10:00
こんな記事も読まれています

元モー娘・吉澤ひとみ被告が謝罪会見を開かなかったワケ「事務所の管理体制が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

「くまだまさしは、テレビのオファーを断っている」  その情報がわれわれの耳に飛び込ん...
写真