日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 真野恵里菜が成功したワケ
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

正統派アイドルから大人の女優へ――真野恵里菜”ハロプロ出身なのに”成功したワケ

真野恵里菜

 アイドルが、卒業後に女優になるというのは、ひとつの夢だろう。しかし、誰もが成功するとは限らない。

 知名度が高いため、主演級の役でスタートを切ることができても、それも最初の数年だけ。求められる役も、アイドル時代のイメージの延長にあるようなピュアな美少女役ばかりで、そこから次の段階にステップアップするのは難しく、多くのアイドル出身女優が消えていく。

 それでも、AKB48グループは人数が多いこともあって、前田敦子、大島優子、川栄李奈といった人気女優を多数輩出している。対して、モーニング娘。を筆頭とするハロー!プロジェクトは何人か主演級の女優が登場したものの、長くは続かない。

 これは同じ大規模なアイドルグループでも、資質が違うからだ。AKBグループに求められるのは、すぐ隣にいて、話すことができる生々しさと親近感である。水着写真集も過激なものが多く、だからこそ、濡れ場にも躊躇がない。

 今はだいぶ落ち着いているものの、総選挙において彼女たちが感情をあらわにする場面を見ていると、この極限状態が演技の引き出しとなっているのがよくわかる。対してハロプロはダンスや歌といったライブパフォーマンスこそ圧倒的だが、良くも悪くも箱庭の中の美しい世界で完結している、文字通りの浮世離れしたアイドルだ。そのため、軽いコメディにはハマるのだが、生々しい感情や欲望を見せる女性を演じることができない。それが女優としての生き残り戦略において、決定的な差となっている。

 そんな中、例外的にハロプロ出身の女優として活躍しているのが真野恵里菜である。

 真野は2006年、ハロプロの研修生となり、その後、ソロアイドルとしてデビュー。幼少期からピアノを習っていて弾き語りも行うという歌唱スタイルは、文字通り清純派美少女そのものだった。

 アイドルとして活躍する傍ら、女優業も並行して行っていたが、大きな転機となったのは10年のドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(TBS系)だ。


12
こんな記事も読まれています

正統派アイドルから大人の女優へ――真野恵里菜”ハロプロ出身なのに”成功したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真