日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレ朝『ポツンと』が裏番組に完勝!

日曜ゴールデン帯の“台風の目”になる!? テレ朝『ポツンと一軒家』が日テレSP、NHK大河に完勝!

テレビ朝日系『ポツンと一軒家』番組公式サイトより

 今秋の改編でレギュラー番組に昇格した、テレビ朝日系『ポツンと一軒家』の初回が7日午後6時30分から2時間半枠で放送され、14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークし、幸先のいいスタートを切った。

 日曜ゴールデン帯で圧倒的な強さを誇る“王者”日本テレビは、同日午後7時から、4時間枠でスペシャル番組『DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦2018秋』をオンエアしたが、12.9%どまり。

 前週(9月30日)、台風24号関連ニュース放送のため、休止となったNHK大河ドラマ『西郷どん』第37話は9.9%で、よもやの1ケタ台。大河が10%割れを記録したのは、2015年『花燃ゆ』第36話以来で、3年ぶりの失態を演じてしまった。TBS系『2018世界バレー女子 2次ラウンド 日本×ドミニカ共和国』も10.3%を獲得して健闘したが、いずれも『ポツンと一軒家』の前に完敗を喫した。

 同番組は、もともとは、所ジョージがMC、林修がパネラーを務め、昨年9月まで放送されていた『人生で大事なことは○○から学んだ』の中の一企画だった。出演者は所と林が続投し、衛星写真で発見したポツンと建つ一軒家を訪ね、住人の生活ぶりに迫る番組。同年10月22日に初めて特番で放送され、激戦区の日曜ゴールデン帯で15.5%の高視聴率をマーク。その後も単発でオンエアされ、13%台を連発。日曜午後8時台の『ビートたけしのスポーツ大将』が9月で打ち切りとなるのに伴い、レギュラー番組に昇格。特番としての最後の回(8月19日)も12.6%の高視聴率を記録し、期待度の高さを示していた。

「今回、ゲストで米倉涼子、三浦翔平が出演したのも、プラスに働いたのでしょう。日テレがレギュラー番組の『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』をオンエアしていたら、視聴率がここまで高くはならなかったかもしれませんが、これまでの特番での実績もありますし、今後日曜ゴールデン帯の“台風の目”になるでしょうね。『日8』の他局の番組にとっては脅威のマトになりそうです」(テレビ誌関係者)

 レギュラーになっても、強さを発揮した『ポツンと一軒家』。当分その勢いは衰えそうにない。

(文=田中七男)

最終更新:2018/10/12 12:00
こんな記事も読まれています

日曜ゴールデン帯の“台風の目”になる!? テレ朝『ポツンと一軒家』が日テレSP、NHK大河に完勝!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真