日刊サイゾー トップ > 芸能  > 爆笑・太田光“裏口入学報道”を激白

爆笑問題・太田光がラジオで激白! 裁判の始まった“裏口入学報道”は……

 9日深夜に放送された『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)において、太田光が自身の裏口入学騒動に、久しぶりに言及した。

 太田の所属事務所であるタイタンは、記事の内容をめぐり「週刊新潮」の版元である新潮社を提訴した。事務所の顧問を務める橋下徹弁護士が担当するとあって、各局ワイドショーが一斉に取り上げた。太田はその中で『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の宮根誠司の振る舞いに不満を持ったようだ。

 番組では太田の怒りを現すために、顔写真に炎をかぶせたVTRを制作。さらにラジオでのトークを逐次書き起こしており、「翌日、太田さんはご自身のラジオで『バカヤロウてめえ、俺の前に出てこい。この野郎』と言いました」と、「淡々と笑い一切なしで説明する」ことに苦笑してしまったようだ。

 さらに、太田は「週刊新潮」の記事に「割り算が苦手」と書かれたことに対し、ラジオで「割り算はできた。引き算が苦手だった」とコメントしたが、「引き算」の部分は切り取られ、単に「割り算ができた」「できない」と愚直に言い合っている風に説明されてしまい「ギャグで言ってるのに、そこを書かない」「宮根、頼むよ」と自身の扱いに不満気な様子だった。さらに太田は「英語が0点だったとか、そういうのを真面目にやってる(報じてる)んだ。かっこ悪いんだよ。いちいち主張してることが、レベルが低いんだよ」と、腹の虫が収まらない様子だった。

 この日の放送ではナイツの塙宣之が、太田の裏口入学や、実父があっせん組織に800万円を支払ったといった事実は信じないが「入試前のホテルの缶詰はあったのでは?」と疑っているエピソードも披露された。

 太田からの苦言に、宮根がどう応えるかも気になるところだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/10/13 08:00
こんな記事も読まれています

爆笑問題・太田光がラジオで激白! 裁判の始まった“裏口入学報道”は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真