日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋一生、主演は今回で最後?

高橋一生、主演連ドラの番宣が「大人なのにブリッ子すぎる」と不評 主演は今回で最後かも?

『僕らは奇跡でできている』番組公式Twitter(@bokura_ktv)より

 高橋一生にとっては初となるゴールデンタイムでの主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(関西テレビ制作・フジテレビ系、毎週火曜21時)が10月9日にスタート。初回の平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で低調な滑り出しとなってしまった。

「高橋は森川葵との熱愛報道以来、女性人気が急落。1年半くらい前であれば、もうちょっと注目度も高かったかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 今回のドラマスタートにあたって、高橋はプロモーションのために多くのフジテレビの番組にゲスト出演した。

「普段はバラエティーにまったく出ない高橋なので、物珍しさもあって、制作サイドは喜んでいたはずです。しかし、蓋を開けてみたら、リップサービスはほとんど無いし、ただただ真面目に話しているばかり。もちろん、他の出演者からの“イジり”がOKという空気でもなかった。はっきり言って、バラエティー番組では一切使い物になりませんでした。あれじゃあ、番宣しても、『高橋一生はつまらない』という印象を残して終わりです。むしろ逆効果だったのではないでしょうか」(同)

 バラエティー番組に慣れていない高橋にとって、ただただ真面目に振る舞うことはせめてもの誠意だったのかもしれないが、残念ながらそれで通用する世界ではないというわけだ。

「冗談も言わないし、ずっと格好つけてるしで、いい年して“ブリッ子優等生”みたいだったとも言われていますよ」(同)

 たしかに、今の時代。トークもいける俳優はいくらでもいる。

「高橋の後にブレイクした田中圭などは、『ぐるナイ』の“ゴチになります!”の新メンバーとして加入するなど、バラエティー展開も順調。トークも面白いし、実はギャンブル好きで恐妻家だというイジりやすいネタもあるし、田中はバラエティー向き。高橋には残念ながらそういう素養がまったくない。完全に俳優に専念したほうがいいのではないでしょうか」(同)

 ドラマの主演に起用されると番宣でいろんなバラエティーに駆り出されるのが最近の流れ。高橋が番宣に向いていないとなると、今回が最初で最後のゴールデンタイムでの主演作となってしまうかも?

最終更新:2018/10/14 16:00

高橋一生、主演連ドラの番宣が「大人なのにブリッ子すぎる」と不評 主演は今回で最後かも?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真