日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新潮社がキンプリカレンダー発売で…

ジャニーズは、世に出たスキャンダルに文句を言わない? 新潮社の“カレンダー利権”獲得で何が変わるのか

『Memorial(通常盤)【先着特典:ステッカーシート(Cタイプ)付 】』(Johnnys’ Universe)

 新潮社が、ジャニーズ事務所のアイドルグループ・King & Princeの2019年度カレンダーを発売することが内定したという。某週刊誌記者はこう話す。

「ジャニーズのカレンダーは、黙っていてもある程度売れるということで、出版社に対する“利権”といわれている。現在は、小学館、講談社、光文社、学研、集英社、ワニブックス、ホーム社が、それぞれ別のグループのカレンダーを発売しています。各出版社はジャニーズ事務所からカレンダーの利権をもらう代わりに、ジャニーズに対していろいろな配慮をするという形です」

 その“配慮”とは、どんな形のものなのだろうか?

「ジャニーズ関連の宣伝記事を優先的に載せたり、グラビア系のアイドル雑誌をほぼジャニーズ一色にしたりといった形の配慮があります。小学館、講談社、光文社については、週刊誌を発行しているので、ジャニーズ関連のスキャンダルを掲載する際は、少なくとも事前に事実関係を確認するという配慮もあります」(同)

 新潮社がKing & Princeのカレンダーを出すとなると「週刊新潮」でのジャニーズ記事も減るのだろうか?

「それは難しいところですね。というのも、小学館の『女性セブン』や『週刊ポスト』などは頻繁にジャニーズの熱愛スクープを撮っている。カレンダー利権をもらったからといって、ジャニーズ記事が出せなくなるということではありません」(同)

 ジャニーズ事務所というとマスコミに対して大きな影響力があるというイメージだが、実はスキャンダルに対しては、必ずしもそうでもないというのだ。

「『週刊文春』(文藝春秋)や『週刊女性』(主婦と生活社)のようにジャニーズと反目している週刊誌は別として、そのほかの週刊誌は、基本的に記事を出す前にジャニーズサイドに報告はしている。そのうえで世に出てしまった記事に対しては、特に何も言ってこないのがジャニーズ事務所なんです。そういう意味では、なんでもかんでも記事をつぶすということではなく、週刊誌に対して、一定の理解は示しているということです。ただ、本当に世に出てほしくないスキャンダルについては、事前に交渉しているようですけどね」(同)

 基本的には記事に対してあまり文句を言ってこないのがジャニーズのスタイルということのようだが、一方で、後から文句を言ってくる事務所も少なくないという。別の週刊誌記者はこう話す。

「例えば吉本興業なんかは、所属芸人のスキャンダルが出た後に、ネットで炎上騒ぎになったり、大物芸人が文句を言ったりすると、後から編集部に抗議が来ることもある。そもそも記事を出す前に、事務所に事実関係について問い合わせをしているはずで、都合が悪かったら、その時点で交渉すればいいんですけどね。世間の反応を見て動いてくるというのは、編集部としてもかなり面倒くさいですね」

 同様のケースは、他の事務所でもあるようだ。

「エイベックスの某大物アーティストは、週刊誌の記事での扱われ方を見て激怒。編集部に対して抗議するよう、スタッフに指示したらしいです。おそらく事務所的には大して問題がないと判断した記事だったはずなのですが、アーティスト本人には知らせていなかったのでしょう。事務所内部でも扱いにくい大物タレントのネタだと、意外とこういうことが起きているみたいです」(同)

 芸能事務所によって、スキャンダル対策はさまざま。芸能事務所と週刊誌の戦いは、これからも延々と続いていくのだ。

最終更新:2018/10/17 10:00
こんな記事も読まれています

ジャニーズは、世に出たスキャンダルに文句を言わない? 新潮社の“カレンダー利権”獲得で何が変わるのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真