日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「芸能人番付」に興醒めのワケ

『ナカイの窓』「芸能人番付」企画にガッカリ? お互いのスキルを褒め合う芸能人たちの下心

中居正広

 テレビバラエティにおける最近のヒットといえば、10月3日放送『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の「生中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説」だろう。

 偽のネット番組の釣り堀生中継で、リポーターに起用された芸人たち。リポートの最中にしつこくつきまとってくる不審者がいたら、彼らはどう対処するか? を検証する内容なのだが、ここで株を上げたのは平成ノブシコブシの吉村祟だった。角材を持った無表情の素人を認めるや「素晴らしい一本釣りでございます!」と魚に例えることで丸く収め、その素人が奇声を上げたらぐっと抱き寄せて口を封じ、そのまま他の客とコミュニケーションを取る危機対応力。トラブルを笑いに変える彼の腕を、VTRで見ていた松本人志は拍手しながら「パーフェクトやったね」と評価し、劇団ひとりは「吉村、一気に仕事増えると思いますよ!」と激賞した。

 確かに、吉村の仕事が増えたとしてもおかしくない。思い出すのは、2013年9月28日放送『ゴッドタン』(テレビ東京系)に三四郎が初登場した時のことだ。「若手芸人が選ぶ天才芸人1位」として三四郎は同番組に初登場。収録直前に大ケガをし、車椅子に座って登場した小宮浩信の発言はおぎやはぎや劇団ひとりの地雷を踏み続け、いびつな形で爆笑をゲット。2人が退場した直後、やはり劇団ひとりは「悔しいけど、すぐ売れると思う」と断言し、実際に三四郎はすぐ売れた。

 こうした、ポロッとこぼれ落ちる本音が意外に効く。リポーター・吉村の今後の躍進に期待したい。


12
こんな記事も読まれています

『ナカイの窓』「芸能人番付」企画にガッカリ? お互いのスキルを褒め合う芸能人たちの下心のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真