日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > ブロッキング主張のカドカワの狙い

「漫画村」運営者特定で尻に火がついているのは誰だ!? カドカワ・川上量生氏の狙いは……

カドカワ株式会社公式サイトより

「漫画村」などの海賊版サイトをめぐる問題が、新たな局面に入っている。運営者の特定が確実な中で、争点となってるのはブロッキングをめぐる議論である。

「漫画村」騒動をきっかけに始まった政府の検討会では、海賊版サイトのブロッキングが検討されるに至った。ブロッキングが言論/表現の自由を侵害する危険な行為であることは、これまでの報道などでも明らか。そこに、どうしたことかサイトブロッキングを強行に主張してきたのが、カドカワ代表取締役・ドワンゴ取締役CTOの川上量生氏である。

 この間、「漫画村」運営者が特定に至ったことで、これまで運営者特定は困難だとしてブロッキングを主張していた川上氏は立つ瀬なし。それでもなお、ブロッキングの必要性を主張することはやめていない。

 曲がりなりにも、もともとは角川書店であるKADOKAWAをグループ内に持つ企業の代表取締役が、国家権力に言論/表現の自由を売り渡すかのようにブロッキングを主張する。

 その背景には何があるのか?

「もはや、KADOKAWAは角川書店ではなく出版業界にも軸足を置いていない」

 そう話すのは、ある大手出版社の幹部。

 グループ再編以降、それを主導した角川歴彦会長はさまざまな場で、もはや出版には重きを置いていないことに言及してることは、出版業界には広く知られている。その動きは、実務面でも加速している。

「日本雑誌協会などの業界団体の会合に、KADOKAWAの社員がやってくることも少ないですし。もう出版業ではないという意識が、とてつもなく強いのだと思います。それは、会社の方針として構わない。ただ、川上氏のブロッキング主張はあまりにも幼稚。言論/表現の自由がいかに重要なものか、教える人材までいなくなっているわけではないでしょうに」(同)

 さまざまな声から見えてくる川上氏の強硬なブロッキング主張の背景にあるもの。それは「自分がドワンゴの経験を通してもっともネットの裏表を知っている」という驕り。そして権力への危機感のなさ。

 いつまでもブロッキングを主張していれば、川上氏こそ業界からブロックされてしまいそうだ。
(文=特別取材班)

最終更新:2018/10/17 22:30
こんな記事も読まれています

「漫画村」運営者特定で尻に火がついているのは誰だ!? カドカワ・川上量生氏の狙いは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真