日刊サイゾー トップ > 社会  > “児相建設反対”の裏に、不動産利権

「ネギ一本も紀ノ国屋で買う」港区住民による“児童相談所建設反対”の裏に、不動産利権

※イメージ画像

 東京・南青山に港区が建設を予定している児童相談所をめぐる騒動が知れ渡り、反対派住民に対する非難の声が上がっている。

 騒動が注目されたきっかけは、一部民放が報じた、住民説明会などでの反対派の声である。ここでは「この辺りのランチ単価は1,600円くらいする」や「ネギ一本買うのに紀ノ国屋で買う」という住民の声が放送されたのだ。

 反対派住民が懸念しているのは、建設される施設が、母子生活支援施設や虐待を受けた子ども、触法少年の一時保護所を併設すること。要は、周辺の治安悪化を懸念する意見を述べるにあたって「自分たちは、青山に住んでいる、イコール自分たちは金を持っている選ばれし民である」という、普段から持っている選民意識を、あまりにも正直にぶちまけてしまったのだ。

 このあまりに露骨な選民思想に対して、怒りの声が多数上がっている。

 そうした中で明らかになったのが、反対派住民が組織している「青山の未来を考える会」なる団体。この団体、反対の署名活動の中では、児童相談所ができれば「2020東京オリンピック・パラリンピックの新国立競技場を控える青山の街に夢がなくなります」などという趣旨不明な主張を行っている。

 しかも、その署名活動の呼びかけは、建設予定地近くに事務所を持つ、株式会社グリーンシードなる会社のHPの中で行われていたのである。

 登記簿によれば、この会社は不動産の売買、仲介のほか、各種イベントの企画運営、広告代理店。さらに、服や宝石の販売や、美容室・飲食店の経営などを事業目的に挙げているが、メインはやはり不動産の様子。そのため、不動産会社が不動産価格の維持などの利権を守るために、反対運動をたきつけているのではないかという疑惑が生まれている。

 このことが指摘された直後、同社のサイト内の「青山の未来を考える会」のページが一斉に消滅したことからも、この疑惑は真実味を帯びている。

 本来、富を持つ者は持たざるものに分け与える余裕を持ってしかるべきもの。そんな思考もなさそうな反対派住民のお里が知れるというわけか。
(文=ピーラー・ホラ)

最終更新:2018/10/18 23:00

「ネギ一本も紀ノ国屋で買う」港区住民による“児童相談所建設反対”の裏に、不動産利権のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

中居がサンドに「ラジオつまんねえ」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真