日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 男性ナシで生殖活動が可能に⁉

20年以内に男性ナシで生殖活動が可能に⁉ 豪専門家が指摘

中国で2匹の雌から誕生した子 マウスと、さらにその子マウス同士が交尾して生まれた2匹の孫マウス

 社会でも家庭でも男性の立場がどんどん弱くなってきている昨今だが、人類の種の保存にとっても、男性は不要になるかもしれない。

 オーストラリアの女性たちは、20年以内に男性なしで赤ちゃんを産めるようになると、専門家が指摘している。

 豪ブリスベンの日刊紙「クーリエ・メール」によると、同国の生殖学専門家、デイビッド・モロイ博士が、最新の生殖技術をもってすれば、女性は男性の力を借りることなく妊娠が可能になると主張しているという。

 モロイ博士が根拠としているのは、先日、中国で2匹の雌のマウスから子マウスを誕生させることに成功した例だ。中国科学院の研究チームは、雌マウス同士と雄マウス同士から、それぞれ子供が誕生したと発表した。母親2匹から生まれた子マウスは健康で、自らも無事に出産したが、雄同士はそうはいかなかった。

 モロイ博士によると、この技術は人間にも適用でき、「半分だけの遺伝子だけを持つ卵子を組み合わせて生殖させることや、目的を持って遺伝子操作をすることも可能」だという。

 壁となるのは医療倫理だ。現在オーストラリアでは、医師会の倫理委員会と法律が、こうした生殖技術を人間に適用する試みを規制している。しかし、モロイ医師は「そうした態度も、やがて変わってくるだろう。科学的な発展はこの先も続き、止めることはできない」と話している。

 同紙は、自分たちの遺伝子を持つ子供の誕生を望む同性カップルにとって朗報になるとしているが、その一方で、自らの地位の一層の低下を心配する男性も増えてきそうだ。

最終更新:2018/10/20 16:00
関連キーワード

20年以内に男性ナシで生殖活動が可能に⁉ 豪専門家が指摘のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真