日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新垣結衣も日テレ絶縁か!?

ディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒に続き、新垣結衣も日テレ絶縁か!?

日本テレビ系『獣になれない私たち』公式インスタグラム(@kemo_nare_ntv)より

 少し前までは、フジテレビのドラマが爆死連発で、出演すると「俳優の商品価値が暴落する」と敬遠されたものだが、今や日本テレビのほうがフジ以上の“危険な局”になったのかもしれない。

 10月17日に放送された新垣結衣主演のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)第2話の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、初回の11.5%から急落。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でコンビを組んだ野木亜紀子氏の脚本とあって期待されたが、視聴者からは「内容が悪い」との声が殺到している。

「確かに、今のところは新垣が社畜になっているだけのドラマ。彼女がパワハラやセクハラされているシーンを観せられてもファンはつらいだけですし、不快なシーンのオンパレードですから、視聴者の批判の矛先は脚本家や日テレに向かっています。新垣をして1ケタ視聴率で終われば、『逃げ恥』の栄光がかずむことにもなり、日テレは彼女から絶縁状を突き付けられてもおかしくない」(テレビ関係者)

 実際、近年は日テレに商品価値を暴落させられ、“絶縁状”を叩き付ける俳優が相次いでいるという。

「まず、昨年10月期にはディーン・フジオカの連ドラ初主演作『今からあなたを脅迫します』が全話平均視聴率6.1%と爆死。武井咲のつわりで脚本が大幅に変更されることとなり、ディーンの所属事務所であるアミューズは大激怒していたといいます。今年1月期の広瀬すず主演の『anone』も、同じく6.1%と撃沈。若手トップ女優の“黒歴史”を生み出したとして、担当プロデューサーは更迭させられる事態に。続く4月期には、菜々緒のゴールデン初主演作『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』が放送されるも、こちらも8.2%と振るわなかった。放送前には『私の代表作になると思う』と語っていた菜々緒でしたが、パンチラ寸前のハイキックを売りにするセクハラ演出に耐えた末の惨敗に、本人は怒り心頭だったと報じられています」(芸能記者)

 日テレは3話以降で視聴率を再浮上させ、新垣の信頼をつなぎ留めておくことができるだろうか?

最終更新:2018/10/22 08:00
こんな記事も読まれています

ディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒に続き、新垣結衣も日テレ絶縁か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真