日刊サイゾー トップ > 芸能  > ジャニ圧力に現場スタッフ戦々恐々

マスクにウィッグ……変装して撮影に、ジャニーズ圧力に『新しい地図』番組スタッフは戦々恐々

香取慎吾公式Instagramより

 10月12日発売の「FRIDAY」(講談社)にて、インターネットテレビ「AbemaTV」で放送された『新しい地図』の番組に関わっていたために、ジャニーズ事務所から「起用を控えるように」というお達しが出されてしまったと報じられた人気放送作家の鈴木おさむ氏。『新しい地図』とは、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人のファンサイト名であり、新しいプロジェクト名だ。

 鈴木氏といえば、『SMAP×SMAP』『おじゃMAP!!』(ともにフジテレビ系)、『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)、『「ぷっ」すま』『SmaSTATION!!』(ともにテレビ朝日系)など、長らくSMAPの番組を手がけてきた人物。現在でも『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)、『林修の今でしょ!講座』『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(ともにテレビ朝日系)など、芸能界でもトップクラスの売れっ子作家だ。

 そんな鈴木氏は9月12日放送の『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ系)にゲスト出演し、妻であるお笑い芸人・大島美幸とのエピソードを披露している。ほかにも、ジャニーズ事務所を辞めた稲垣吾郎のレギュラー番組である『ゴロウ・デラックス』(TBS系)がまだ続いていることから、今回のFRIDAYの記事を受け、ネットでは「本当にジャニーズ事務所の圧力とかって存在するの?」と訝しむ声も出ている。

 しかし、今回の記事について「これ、本当だと思いますよ」と語るのは、テレビ制作番組スタッフのA氏だ。

「昨年11月に放送されたAbemaTV『72時間ホンネテレビ』では、稲垣吾郎さんが街でナンパした女性とウソの結婚式を挙げるという、鈴木さんの企画が放送されました。この時は鈴木さんに集合をかけられ、キー局でSMAPの仕事をしていたスタッフが何人か参加していましたが、『参加してたらジャニーズ事務所に干される可能性があるから』ということで、映像に映り込んでもバレないように、ウィッグやサングラス、マスクを使うなど、かなり念入りに変装して仕事していたとのことです」(前出のA氏)

 さらに、鈴木氏は12月7日よりスタートする稲垣の主演ドラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』(Amazon Prime Video)の企画・脚本を手がけている。

「いよいよガッツリと元SMAP陣営と仕事を始めた鈴木氏さんを牽制する意味で、ジャニーズ事務所がお達しを出したのではないかと芸能界では言われています」(芸能事務所勤務)

 以前より囁かれていたジャニーズ事務所による“元SMAPへの圧力”がいよいよ現実味を帯びる形となった今回の報道。鈴木氏とジャニーズ事務所の関係は今後、どうなっていくのか。今後の動向を見守りたい。

最終更新:2018/10/23 13:00
こんな記事も読まれています

マスクにウィッグ……変装して撮影に、ジャニーズ圧力に『新しい地図』番組スタッフは戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真