日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > タイの洞窟に住む男がモテまくり

白人美女を次々と連れ込み……タイの洞窟に住む中年男、謎にモテすぎて家宅捜索を受ける

ロジーリさんと洞窟で過ごしたという美女(Facebookより/以下同)

 タイの洞窟に住み着いている中年男性が、白人美女を次々と“お持ち帰り”していることをFacebookに写真付きで公表したところ、警察から家宅捜索を受けるという事態となった。

 フルムーンパーティーで有名な同国パンガン島の洞窟で自給自足の生活を送るチャトゥプーム・ロジーリさん(48歳)は、自身のFacebookに洞窟で一夜を共にした女性が裸でベッドに寝そべる写真や、美女とのツーショット写真など、“釣果”を次々と投稿。さらに、ナンパ日記ともいえる書き込みも残していた。例えばこうだ。

洞窟の中に置かれたベッドでうつぶせになる裸の女性

「今日、洞窟への帰り道に自転車を引いて歩いていると、反対側の道からやってくる美しい女性を見かけた。そこで『あなたは私の気を乱した。家に帰る途中だったのだけど、あなたの美しさのせいで振り返らずにはいられなかった。あなたと話したいし、あなたの内面も美しいのか知りたい』と声をかけた」

 こんな言葉を本当にすらすら言えたとしたら、かなり凄腕のナンパ師だろう。 

 しかし、「洞窟住まいの中年ホームレスが、そんなにモテるわけない!」とでも思ったのだろうか、ある住民が警察に通報。警察も事件性を疑い、ロジーリさんの住む洞窟の家宅捜索に踏み切ったのだった。

 捜索の結果、警察は「ロジーリさんはいかなる法も犯しておらず、取り締まりの対象になり得ない」と発表。ロジーリさんもFacebook上で「ここに来る女性は、いかなる強制も受けない。セックスさえしないことだってある」「朝までハグし合うだけで終わることもあるし、彼女たちがそれで幸せなら、私も幸せなんだよ」と、身の潔白を主張している。

 Facebookの情報によると、バンコク出身のロジーリさんは、芸術家でバイクライダー、さらにトランペット奏者でもあるようで、中年男とはいえ、モテ要素は少なくなさそうだ。写真を見る限り、体もそれなりに引き締まっており、アラフィフにしては顔つきもずいぶんと若々しい。そしてなにより、洞窟で自給自足というヒッピー的な生活を送る彼に、バックパッカーの若い女性たちは魅力を感じるのかもしれない。

 身の潔白が証明された彼は、今ごろまた洞窟で新たな美女と過ごしていることだろう。うらやましすぎる……。

最終更新:2018/10/23 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

白人美女を次々と連れ込み……タイの洞窟に住む中年男、謎にモテすぎて家宅捜索を受けるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

 マーシーこと田代まさし容疑者(63)が、覚...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真