日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 犬を焼き殺す“犬肉店”店主に猛批判

【閲覧注意】子どもの目の前で生きたまま犬を焼く“犬肉店”店主に猛批判「同じ方法で殺してやりたい」

路上で犬を焼き殺す男性、子どもの視線などまったく気にしていない様子だ(頭條新聞)

 東南アジアや中国、韓国などの一部の地域で現在も続く犬食文化に、国際的批判が高まっている。しかし、中国の犬肉愛好家たちは、そうしたバッシングに対して、逆に意固地になっているかのようだ。

 11月半ば、ネット上で凄惨な動画が拡散された。そこには、飲食店の玄関の前で、男性が生きている犬を焼き殺す様子が映っていたのだ。男性がバーナーから噴射される炎を犬に当てると、犬は必死にほえて抵抗するも、間もなく息絶え、その後には、鍋で犬を煮込む様子も映っている。

「星島日報」(11月17日付)によると、動画が撮影されたのは湖南省で、犬を焼き殺している男性は、動画に映っている飲食店の店長だという。犬の絶叫を耳にした近所の住民が現場に駆け付けたが、男性は犬が動かなくなるまで焼くことをやめなかったという。

 

熱湯で、生きている犬を煮ようとする男性。鍋から逃げ出そうとする犬を、棒で叩いている(星島日報)

 湖南省周辺では各地で犬食文化が根強く残っており、お隣・広西チワン族自治区の玉林市では毎年6月に「ライチ・犬肉祭り」なるイベントが開催されているほどだ。

 ただ、最近では中国国内でも、犬食文化を野蛮ととらえる風潮が高まっている。動画に対し、ネット上でも「この男を犬と同じ方法で殺してやりたい。こんなレストランなくなればいいのに」「近くに子どももいるのに平然と焼き殺すなんて、こいつは精神が異常だ」など、批判の声が多く寄せられている。

 それでも一部の愛好家が犬食を諦めない理由について、ある迷信の存在を指摘するのは、中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏だ。

「中国では古来より、犬肉は肝臓の病気に効果があるといわれており、犬肉を食べる人が後を絶たない。もちろん、科学的根拠はなく、まったくの迷信です。今月7日、南京市で飼い犬が相次いで盗まれる事件が発生しましたが、逮捕された犯人の男は、自身に肝臓の病気があり、『犬の肉を食べて治そうと思った』と供述しています。また、8日にも広西チワン族自治区で犬が相次いで盗まれる事件が発生し、逮捕された男2人は健康のために犬肉を食べようと思ったと供述しています」

 犬食は文化だとしても、わざわざ余計な苦痛を与える方法で犬を殺すのは、動物虐待以外のなにものでもないだろう。
(文=青山大樹)

最終更新:2017/11/30 11:50
こんな記事も読まれています

【閲覧注意】子どもの目の前で生きたまま犬を焼く“犬肉店”店主に猛批判「同じ方法で殺してやりたい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

「ルネッサ~ンス」で一世を風靡した……という書かれ方もうんざりするほど経験しているで...
写真