日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木村拓哉を食った“怪演俳優”酒向芳

『検察側の罪人』で木村拓哉、二宮和也が食われた! “怪演”酒向芳のブレーク前夜

アニマ・エージェンシー公式サイトより

「今やポスト“バイプレイヤーズ”のひとりとして、脇役のキャスティングの筆頭候補に挙がっているようです。すでに来年のスケジュールはほぼ埋まったという話もあるくらい多忙になってますよ。業界内にもファンは多く、あの水谷豊さんもキャスティングを熱望して『相棒17』(テレビ朝日系)の出演が決まったそうですよ」(テレビ局関係者)

 映画『検察側の罪人』でブレークを果たした俳優・酒向芳。公開から2カ月が経った現在もロングラン上演されている作品だけに、木村拓哉、二宮和也を“食った”ともいわれる酒向の演技の評価も日に日に高まっている。

「もともと自由劇場の役者で、近年は芝居ができる脇の役者で業界では知られた存在でした。朝ドラや大河にも何度も出演してますし、何よりギャラがまだ10万円から15万円のレベルなので、みんながこぞって使いたがるんですよね。年齢こそ59歳と松重豊さんや遠藤憲一さんよりも上ですが、芝居のレベルは彼らと同等だとキャスティングする側も考えているようです」(芸能事務所関係者)

 所属する事務所が「アニマ・エージェンシー」という小さい事務所だけに、中には引き抜きを心配する声も聞こえてくるという。

「50代、60代の演技派俳優は、大杉漣さんが亡くなったこともあって不足しているのが現状です。なので、どこの事務所もその枠の俳優を探しているのも事実です。酒向さんが大手事務所から目をつけられてもおかしくはないですよね。今のところ酒向さんの直接のライバルは嶋田久作さんとか、40代ですが正名僕蔵さんあたりだと言われていますが、売れてきたらそれこそ、松重豊さんや遠藤憲一さんらと肩を並べることもあると思いますよ。実際、初回の数字も良かった『相棒17』の3話にも出演が決まっていますから、これを皮切りに地上波のドラマにもどんどん出てくるでしょうね」(ドラマスタッフ)

 あの怪演が再び見られる日も、そう遠くはなさそうだ。

最終更新:2018/10/23 17:00

『検察側の罪人』で木村拓哉、二宮和也が食われた! “怪演”酒向芳のブレーク前夜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真