日刊サイゾー トップ > 芸能  > 内村光良新番組が“セルフパクリ”!?

内村光良MCの日テレ新番組『THE突破ファイル』が『スカッと』に酷似? まさかの“セルフパクリ”になる可能性も

日本テレビ系『THE突破ファイル』番組公式サイトより

 10月25日にスタートする日本テレビ系バラエティー番組『THE突破ファイル』が、いろいろな意味で注目されているという。

 ウッチャンナンチャンの内村光良をMCに起用したこの番組。「追い詰められた状況から突破した」というエピソードを視聴者から募集し、その内容をドラマで再現。さらにそこからクイズを出題するという“新感覚ドラマ&クイズバラエティー”だという。

「番組の全貌は放送まで明らかにされていませんが、視聴者からエピソードを募集し、それをドラマにして、パネラーと一緒に見るという企画内容は、同じく内村がMCを務めるフジテレビ系『痛快TVスカッとジャパン』に酷似しているとしか言いようがありません」(制作会社関係者)

 テレビ業界では、ヒットした番組に似た番組が他局で制作されるということも珍しくない。『スカッとジャパン』は決して高視聴率番組というわけではないが、この10月から放送5年目に入るなど、安定した人気となっているのも事実だ。また、木下ほうかの「イヤミ課長」、笹野高史の「スカッとばあちゃん」、SKE48・須田亜香里の「ぶりっ子・リコピン」など、名物キャラクターも数多く生み出している。

「すでに当たっている企画のテーマを変えるだけで新番組が成立するというのであれば、本当にラクなもの。しかも、再現ドラマものであれば、そこまで有名な俳優を使う必要がないし、尺が短いのでまとめ撮りもできる。コストを圧縮するという意味でも、『スカッとジャパン』方式はオイシイんです」(同)

 とはいえ、似たような企画の番組にネタ元と同じMCを起用するというのは、なかなか大胆にも思えるが……。

「『THE突破ファイル』はパイロット版が放送されており、それを見た限りでは、企画は『スカッとジャパン』に近いものの、見せ方自体は異なるといえる。そういう点で、どうにか成立しているということなのかもしれませんね。もしも、一見して『スカッとジャパン』との類似性が見えてくるようであれば、内村さんだってオファーを受けなかったと思います」(同)

 しかし、日テレ制作のバラエティー番組といえば、企画がコロコロ変わることも珍しくない。

「視聴率が悪いとどんどんリニューアルしていくのが日本テレビ。その結果、似たような番組がいくつも放送されるなんていうこともあります。それこそ『THE突破ファイル』の枠で放送されていた『得する人損する人』は、『有吉ゼミ』と同じく坂上忍が出演しているだけでなく、生活に関する知識などを紹介していて、企画が似ていると言われていました。

 さらに、『有吉ゼミ』ではヒロミが、『幸せ!ボンビーガール』では森泉が、ともに家のリフォーム企画をやっていて、完全にかぶっているという声も多い。言ってみれば、番組の差別化よりも視聴率を優先しているということ。『THE突破ファイル』だって、過去の番組と似通った方向性に変わっていくかもしれない。それこそ『スカッとジャパン』の“突破版”になる可能性も高いと思いますね」(同)

 内村が、自分の番組をパクった番組のMCとなる──などという意味がわからない展開にならなければいいのだが……。

最終更新:2018/10/24 08:00
こんな記事も読まれています

内村光良MCの日テレ新番組『THE突破ファイル』が『スカッと』に酷似? まさかの“セルフパクリ”になる可能性ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真