日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ、ガッキー映画放送で他局を宣伝

新垣結衣の映画『ミックス。』は、フジテレビによる日テレドラマの番宣になっちゃった?

映画『ミックス。』公式サイトより

 放送のタイミングが悪すぎた?

 10月20日、新垣結衣主演で昨年10月に公開された映画『ミックス。』がフジテレビ系で地上波初、本編ノーカットで放送された。

 同作は新垣がガングロギャル、OLスタイル、チアガール、白衣姿などさまざまなコスプレ姿を披露したことで話題を呼び、興収14億円超の大ヒットを記録。新垣は第60回ブルーリボン賞の主演女優賞に輝いている。

「映画の脚本を『リーガル・ハイ』『コンフィデンスマンJP』(共にフジテレビ系)で知られる古沢良太氏が手がけていたことから、来年公開の劇場版『コンフィデンスマンJP』の番宣として放送されていました。おそらく、地上波での放送は公開1年たってからという契約があり、フジは解禁後真っ先に放送したのでしょう。しかし、映画『コンフィデンスマンJP』はまだ公開日も決まっていない段階ですから、宣伝効果は少なかったのでは……」(映画関係者)

 そればかりか、今回の放送は「日本テレビの番宣になってしまった」と、テレビ関係者は指摘する。

「『ミックス。』の主要キャストの多くが、日本テレビの10月期ドラマに出演しているんです。『獣になれない私たち』は新垣が主演、田中美佐子も彼氏の母親役で登場。遠藤憲一は『ドロ刑-警視庁捜査三課-』で準主役。山口紗弥加は『ブラックスキャンダル』で38歳にして初主演、吉田鋼太郎まで『今日から俺は!!』で主人公の父親役を演じている最中です。これでは、フジが日テレのドラマをタダで宣伝してあげたようなもの。放送するのは、『コンフィデンスマンJP』の公開が、もう少し近づいてからでよかったように思います」

 放送中から、ネット上では「ガッキーがかわいすぎる」といったコメントが続出。17日に放送された『獣に~』第2話は、視聴率8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、初回から3ポイントダウンしてしまったが、もし第3話の視聴率が上昇したなら、それはフジテレビの“アシスト”のおかげかも?

最終更新:2018/10/24 12:08

新垣結衣の映画『ミックス。』は、フジテレビによる日テレドラマの番宣になっちゃった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真