日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 小柳ルミ子「1億円離婚」の真相

川崎麻世5,000万円要求離婚報道で思い出す 小柳ルミ子「1億円離婚」の真相

小柳ルミ子公式ブログより

 俳優の川崎麻世が、妻でタレントのカイヤに離婚を求める訴訟を起こしていることがわかった。

「すでに別居生活は15年にもおよび、最近はカイヤが堂々と『次は外国人と結婚する』『ボーイフレンドは12人』と語っていたといいますから、2人が仮面夫婦であることは、芸能関係者ばかりか一般視聴者も知るところでした。問題は、なぜ今になって川崎が離婚を求めたのかですが、2人の子どもが成人を迎えたこと、また家賃や生活費をはじめ、カイヤの海外渡航費に携帯料金といった経済的負担、さらには現在交際中の女性との結婚が視野に入ってきたことなど、理由はひとつではなさそうです」(芸能リポーター)

 一部では、川崎がカイヤに慰謝料として5,000万円を要求しているという報道があったが、川崎はこれを「今までも今も金の請求なんてしてないんだけどなー」とブログとTwitterで即否定。

「だからといって麻世に問題がなかったかといえば、そんなはずもなく、過去の女性関係などツッコミどころはたくさんある。カイヤの出方次第では、泥沼の暴露合戦という展開も十分に考えられそうです。そうなれば裁判の長期化は必至です」(同)

 1990年代のワイドショーの主役といえば、この川崎夫妻。仮面夫婦だったとはいえ、離婚裁判という現実には一抹の寂しさを感じないこともない。

 そこで思い出すのは現在、サッカーマニアとして注目を集め、再ブレイク中の小柳ルミ子だ。89年に13歳年下のダンサー・大澄賢也と結婚し、ワイドショーを騒がせたが、2000年に離婚。

「原因は大澄の浮気で、小柳は大澄に対し、慰謝料1億円を払うか、元の無名のダンサーに戻るかの二者択一を迫ったといわれていました。大澄は1億円を支払うことを選択して離婚に至ったというのが定説となり、小柳の恐妻・鬼嫁ぶりばかりがクローズアップされ、視聴者の多くは大澄に同情的でしたよね」(女性誌記者)

 小柳は10月17日の『7時にあいましょう』(TBS系)に出演し、大澄との夫婦生活について語ったが、1億円の慰謝料のことについては「墓まで持っていく」と真相を明かすことはなかった。

 だが、ある芸能関係者はこう語る。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed