日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬香美、前事務所と和解も苦境続く

広瀬香美、事務所トラブル解決も苦境は続く……「もう知っている世代が少なくなった」

「Muse Endeavo」公式サイトより

 冬ソングの女王と呼ばれる広瀬香美が、窮地に立たされている。広瀬といえば、今年5月に前所属事務所「オフィスサーティー」と独立をめぐり対立。オフィスサーティー側は「一方的な独立宣言。法的な措置を取る」と主張し、『広瀬香美』の芸名使用禁止を求めていた。

 一方、広瀬は自身のTwitterでファンへ向けて「ご心配をおかけしてすみません。広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきますので心配しないでくださいね」とコメント。激しく争ったが、ようやく8月になり、代理人弁護士を通じ和解したことを明らかにした。芸名は、これからも使用できるという。

 年明けからは、本格的に活動を再開する方針で、1月25日に東京・Zepp Diver Cityで復帰コンサートを開催するのを皮切りに、大阪、名古屋、福岡、札幌の計5都市を巡るツアーも行うなど“脱騒動”へ歩みを進めている。

 だが、今後の活動は前途多難だという。

「新曲の構想もあるようですが、音楽不況もあってCDがあまり売れない時代。また、広瀬香美を知っている世代が少なくなり、知名度不足も懸念されています。挽回できるかは不透明です」(芸能関係者)

 前事務所と対立したことも、後を引きそうだという。

「トラブルを起こしたことで、起用を敬遠するメディアも多いでしょう。過去にマネジャーが何人も代わったとか、プライドが高いとか、要求が多いといったウワサも広がっている。テレビ局も積極的に起用したがらないので、新曲を発売してもプロモーションがしづらくなるといった弊害が発生しそうです」(同)

 一連の騒動を乗り越えることができるのか、今後の活動に注目が集まる。

最終更新:2018/10/26 06:00
こんな記事も読まれています

広瀬香美、事務所トラブル解決も苦境は続く……「もう知っている世代が少なくなった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真