日刊サイゾー トップ > 芸能  > カトパンは女子アナから嫌われてる!?

「みんな結局、カトパン」発言の田中みな実もあ然!? テレ朝・竹内由恵と加藤綾子の“バチバチ”エピソード

竹内由恵公式ホームページより

 フリーアナウンサー・田中みな実の“ある自虐発言”が話題を呼んでいる。

 田中は10月13日放送のラジオ『田中みな実 あったかタイム』(TBSラジオ)で、ゲストのナレーター・近藤サトから「みな実さんは今のみな実さんが合ってると思う。水着にファーでしょ。やっぱり明らかに、みんなこれからフリーになろうとするアナウンサーの憧れる対象になる」と語りかけられると、田中は「それはないかな。みんなが目指すところはカトパンなのよ、結局」と自虐発言。

 さらに、若いフリーアナウンサーたちに「憧れている」と言われるものの、彼女たちが公の場で名前を上げるのは加藤綾子アナや高島彩アナだとし、田中の名前を出すのは「恥ずかしい」ことなのだろうと分析していた。

 この田中のネガティヴ発言を受け、ネット上では「自虐で好感度を狙ってる感じが最近苦手」「本当は誰よりも自分が大好き」「どんだけ承認欲求強いの?」「同性票集めに必死」「最近の女子アナは自虐か愚痴を公共の電波に乗せて話すのが流行ってんの?」と手厳しい声が上がっている。

「田中アナ以外にも、カトパンをライバル視している女子アナは多いですよ。そして、その筆頭がテレビ朝日の竹内由恵アナです」と語るのは、某テレビ局関係者だ。

「竹内さんとカトパンは大学時代、同じアナウンススクールに通う仲間でした。下馬評では、慶応のミスコンでグランプリを獲得している竹内さんのほうが有利だろうといわれていたのですが、実際に面接が始まると、オヤジ受けが良くスタイル抜群のカトパンが全テレビ局合格。一方、竹内アナは第一志望だったフジテレビに落ちてしまうという結果に。これでプライドをズタズタにされた竹内アナは、そこからカトパンからの連絡を完全無視。完全に仲がこじれてしまい、現在もそのままだとか」(同)

 好きな女子アナランキングでは常に上位をキープし、絶大な人気を誇るカトパン。対して、女子アナとしては型破りな行動を起こし話題を呼ぶ田中アナや、キー局の顔として優等生キャラを貫く竹内アナ。女たちの仁義なき戦いは、これからも盛り上がりそうだ。

最終更新:2018/10/26 13:00

「みんな結局、カトパン」発言の田中みな実もあ然!? テレ朝・竹内由恵と加藤綾子の“バチバチ”エピソードのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真