日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ドロ刑』振り切りすぎて自滅!?

『ドロ刑』で刑事が仕事中に飲酒と賭博!? コメディに振り切った設定で自滅の可能性も……

日本テレビ系『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』番組公式サイトより

 ジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneの中島健人が主演するドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課‐』(日本テレビ系)の第2話が20日に放送され、平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から3.2ポイントの大幅ダウンとなってしまいました。

(前回までのレビューはこちらから)

 前回、伝説の大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)の捜査協力で手柄を立てた斑目勉(中島)は、その腕を見込まれ、“各部署のエース級をかき集めた”という捜査三課の新設部署『13係』へ異動することに。しかしその実態はというと、お荷物刑事の寄せ集め状態で、班目は一気にやる気を失ってしまいます。

 そんな中、住人が寝ている家をわざわざ狙い忍び込む泥棒の隠語“ノビ”の大物で、通称“黒蛇”こと大堂吾郎(笹野高史)が犯人と思われる事件が頻発。係長・鯨岡千里(稲森いずみ)に命じられた13係の刑事たちは、大堂のヤサ(家)探しをすることになります。

 ところが、お荷物刑事たちはまったくやる気を見せず、班目もそのムードに流されてモチベーションが上がりません。唯一、捜査に入れ込んでいるのは勝手田利治(丸山智己)のみ。実は勝手田は以前、大堂をあと一歩のところまで追いつめるも、神奈川県警に手柄を横取りされてしまった苦い経験があったのです。

 そんな勝手田と班目が立ち話をしていたところ、大堂が姿を現し、“面が割れていない”という理由から班目ひとりで尾行することに。ところが班目の尾行はすぐにバレてしまい、タクシーに乗って逃げられてしまうという大失態を犯してしまうのでした。

 すっかり落ち込んでしまう班目。その様子を見るに見かねた煙鴉から大堂の住所を教えてもらい、班目は名誉挽回すべく、大堂の家を見張る作戦を決行するよう鯨岡に直訴します。

 その結果、13係総出で深夜に大堂の家を見張ることに。しかしそこは神奈川県警の管轄内だったため、県警の捜査班から嫌がらせで職務質問をかけられ、あえなく追い払われてしまうのでした。


12

『ドロ刑』で刑事が仕事中に飲酒と賭博!? コメディに振り切った設定で自滅の可能性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真