日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『今日俺』ムロツヨシが出過ぎ!?

原作の超重要キャラ不在の『今日から俺は!!』第2話 ムロツヨシが重用されすぎ!?

■橋本環奈の顔芸に心配になる

 厳しいことを書いてしまったが、実は初回よりも第2話のほうが面白かった。原作でのさまざまなエピソードを1週分の尺に入れ込む構成の妙にグッときた。三橋と理子の肩がぶつかるシーンが対抗戦につながるとは予想外。それぞれのパートを巧みにブレンドしていたのだ。

 理子といえば、清野のセリフ回しがずっと気になっている。抑揚がないというか、酷な言い方をすると棒読みっぽい。彼女、もっと演技力あったはずだが……。

 ここで確認したい。ドラマ版が描こうとしているのは、80年代のツッパリである。もしかして清野、80年代の大映テレビ的な芝居を自らに課している? だとしたら、腑に落ちる。

 そんな理子にベタ惚れする三橋。「大映テレビ」「学園モノ」「恋愛」と、すべての要素をひっくるめて甘酸っぱい。理子は理子で、三橋のことをついに「さんちゃん」と呼び始めたし。意識し合ってるくせに、ちっとも進展しない三橋&理子。2人の仲がドラマ版ではどうなるのか、注目していきたいと思う。

 伊藤と早川京子(橋本環奈)の仲にも要注目。2人のやりとりは、完全にバカップルのそれだ。イチャつき方が原作よりも数段強烈。しかも、イチャついてる時の橋本の顔芸は、見ているこちらが心配になるほど。賀来と橋本は、今作における顔芸のツートップだ。

 そして、次回。予告映像によると、どうやら開久高校との抗争に突入する模様。この作品は、シリアスパートをじっくり見てほしい。三橋と伊藤、そして今井は、本当はすごくカッコいいのだ。『今日から俺は!!』が名作として語り継がれる理由はそこにある。この要素、福田監督はちゃんと描写してくれるのだろうか……?

 期待半分不安半分の心境で、今夜放送の第3話を待ちわびたいと思う。

(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2018/10/28 16:00
12

原作の超重要キャラ不在の『今日から俺は!!』第2話 ムロツヨシが重用されすぎ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「新型コロナウィルスを前代未聞の脅威たらしめている理由のひとつは、その『秘匿性』にあ...
写真