日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安東アナがキモいおじさんに!?

安東弘樹アナがフリー転身で迷走中!? “キモいおじさんキャラ”が大不評!

株式会社キューブ オフィシャルサイトより

 今年3月にフリーアナウンサーへの転身を遂げた安東弘樹。局アナ時代と比べより一層セルフプロデュースが求められる立場になったが、ここ最近の評判は最悪だという。

 10月23日には、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)での謎過ぎる告白が話題に。この日の番組では福原愛の引退会見が取り上げられ、MCの蝶野正洋が「安東さん。愛ちゃんの卓球界に対する功績は大きいですよね」と話題を振った。すると安東は「もちろん大きいですけど、ぼくは個人的に感無量です」と強引にトークのハンドルを切り、なぜか「私、(福原愛と)一緒にお風呂入りました」と告白。スタジオを騒然とさせている。

 さらに「私、今の旦那さんよりも先に“全部”拝見しております」ともつけ加えた安東。これには視聴者も、「単純にキモい」「とにかくキモイ」「キモすぎて放送事故レベル」「本気で気持ち悪い」「それ引退のニュースで言う必要あった?」「江宏傑選手がかわいそう」とただただ呆れてしまったようだ。

「セルフプロデュースとして“キモいおじさんキャラ”を狙っているのかどうかわかりませんが、フリー転身後の安東はこのような発言が増えてきた印象を受けます。今年8月に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)では、自らの性事情について『我慢できなくて、“2回目”をいかに止めるかで悩んでます』と告白。また『女性がとにかく好きなんですよ』とも熱弁していました。しかしそんな安東に、世間からは『迷走している』との厳しい指摘も。今年5月の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)では、羽鳥慎一が安東に『浮かれてますね』とダメ出しをしています」(芸能ライター)

 ここ最近の“キャラ”に疑問の声が寄せられている安東だが、フリーに転身する以前からすでに兆候はあったという。

「フリー転身を目前に控えた3月放送の『有吉ジャポン』(TBS系)では、今後の目標について『セクシービデオの男優』と発表。“一日にどれくらい性行為をするか”という質問には、『これ独身時代の話ですけど、2桁って時もあって……』と回答していました。かなり性に奔放なようですが、『アウト×デラックス』では『親公認じゃないと安心して抱けない』という真面目(?)な発言も。一体どのようなキャラを目指しているのか、疑問を抱かずにはいられません」(同)

 フリー転身で“フリー”になりすぎてしまった安東。局アナ時代に積み上げた信用を失うことにならなければよいのだが……。

最終更新:2018/10/26 19:00

安東弘樹アナがフリー転身で迷走中!? “キモいおじさんキャラ”が大不評!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真