日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ深夜のマンネリ“志村枠”に異変!!

千鳥・大悟加入で志村けんが覚醒!? フジ深夜のマンネリ“志村枠”に異変!!

志村「お前、本当、辛抱が足らんなあ」

大悟「辛抱足らんことないですよ。僕、我慢強いですよ。だって僕ね、パチンコなんか行ったって借金してでも出るまでやめんし、あと、タバコなんかみんなやめてるでしょ? 一回もやめてないですよ! 酒だって、もうぶっ倒れるまで飲みますから! こんな辛抱強い男います!?」

志村「お前、酒飲むのはいいけどよお、遅刻すんじゃねえよ」

大悟「あんたのせいでしょうが(笑)!」

志村「あんたとか言うな、お前(笑)」

大悟「あんたに近寄るなって会社(吉本)から言われてますよ! 酒が抜けんから(笑)」

 フリーターを演じてるはずが「会社」というワードを持ち出し、リアルとコントの境界線を行き来する大悟。こんなふうに、2人の仲睦まじさを暴露のような形で明かされる瞬間の志村は本当にうれしそうだ。オーバーではなく、優香を相手にしていた時に近い域。あの頃のデレデレっぷりに迫るほど、2人はイチャイチャしている。うれしいのだから、台本無視のやりとりは伸びに伸びる。あまりに長いため、初回では大悟が「これ、トークコーナーか(笑)?」とあきれ笑いしたほどである。

 トークを不得手としていたはずの志村が、フリートーク的なやりとりなのにちゃんと面白いのもいい。コントというガワになると「コントを演じている」という意識が働き、本人にスイッチを入れさせているのかもしれない。舞台出身の映画俳優がスクリーンの向こう側の観客へ語りかけるアドリブを入れながら役を演じる手法に似ている。まさに、“ゾーン”に入っている印象。大悟がパートナーだと、この手法は完全に功を奏する。正直、今まで大きな注目が集まっているとは言い難かった、志村冠のこの深夜枠。しかし、大悟が加わったことによって確実にケミストリーが生まれた。

 思えば、芸能界で最も旬と言っても過言ではない千鳥の大悟がレギュラーに参加したのだ。志村と大悟がいて、しかも深夜の30分枠。ムチャクチャ豪華である。そして、志村も大悟も明らかにノッている。注目に値する番組として生まれ変わった感が間違いなくある。

(文=寺西ジャジューカ)

最終更新:2018/10/29 14:00
12
こんな記事も読まれています

千鳥・大悟加入で志村けんが覚醒!? フジ深夜のマンネリ“志村枠”に異変!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真