日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室「山Pプロデュース」で復帰説

安室奈美恵にささやかれる「山下智久プロデュース」で音楽界復帰説

 まだまだ稼ぎ足りないのだろうか? 今年9月で引退した安室奈美恵、ファイナルツアーやDVDなどの“引退ビジネス”で稼いだ金は300億円とも1,000億円とも言われているが、早くも今後の活動に注目が集まっている。

「引退後はツアーなどで得た莫大な資金を投入し、新人、プロ、アマを問わずにプロデュース活動をしていくともっぱらのウワサです。早ければ来年、遅くても2020年の東京五輪開催までには第一弾が発表されるのではないかと目されています」(芸能関係者)

 候補者の中には、安室の元所属事務所で、やはり同じように事務所側と衝突した結果、芸能界での居場所を失っている西内まりやの名前が聞かれる一方、にわかに第一弾候補として有力視され始めているのが、過去には不仲説がささやかれたこともあるジャニーズ事務所の山下智久だという。

「コラボ曲のミュージックビデオの撮影時、安室のダンスについていけなかった山下はNGを連発。それにもかかわらず、『俺、安室さんに合わせますよ』と上から目線で言い放ったことで彼女を激怒させたといわれていました。しかし、沖縄でのラストステージで安室と共演を果たし、不仲説を払拭。本番に向けて、山下は必死でダンス練習してきたといい、安室の信頼を取り戻すことができた。それを機に、プロデュース話が持ち上がったとか。楽曲は100%バカ売れするでしょうから、ジャニーズサイドも反対する理由はないでしょう」(音楽ライター)

 ファンとしては、どんな形であれ、安室の音楽業界復帰は大歓迎だろう。次は、どんな伝説を残してくれるのだろうか?

最終更新:2018/10/30 08:00

安室奈美恵にささやかれる「山下智久プロデュース」で音楽界復帰説のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真