日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ドロ刑』中島健人の強引なキャラ変

『ドロ刑』中島健人の強引なキャラ変更は、社会人3年目の視聴者からの共感を得るため?

日本テレビ系『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』番組公式サイトより

 ジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneの中島健人が主演するドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課‐』(日本テレビ系)の第3話が27日に放送され、平均視聴率8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.1ポイントダウンとなりました。

(前回までのレビューはこちらから)

 前々回、“精鋭部隊”といわれる捜査三課の新設部署「13係」へ配属されたものの、実際にはお荷物人材ばかりが集まった部署であることが発覚したため、斑目勉(中島)は仕事にやる気が出ません。おまけに先輩刑事・勝手田利治(丸山智己)に雑用を押しつけられる毎日。本気で転職を考え始めます。

 そんな職場での愚痴を馴染みのバーで呟いていた班目は、伝説の大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)からゲームセンターのサービス券をもらい、ストレス発散のため、すぐさまその店へ向かいます。そこで格闘ゲームの対戦を通じ、河原順平(寛一郎)と知り合うのですが、河原は実は窃盗グループの中で金庫の暗号解析アプリの開発を担う犯罪者なのです。

 しかし、河原もまた班目と同じように組織に対して不満を抱えているため、2人はすぐに意気投合。やがて班目は河原から、「会社を手伝わないか?」と誘われるのですが、ここで河原の正体を知ったために慌ててバーへ引き返し、河原と出会うよう仕向けた煙鴉をなじります。

 ところが逆に潜入捜査をするよう説得されてしまった班目は、13係のメンバーに事情を話し、河原がもちかけてきた貴金属会社の金庫破りのメンバーに加わることになるのでした。

 そして迎えた犯行日。班目は待ち合わせた場所で犯行グループのバンにピックアップされ、犯行現場へ向かうことになります。その車内にいるのは河原と下請けのメンバーのみ。仮に警察に捕まったとしても、自分たちには捜査の手が及ばないよう、窃盗団の幹部たちは使い捨て要員を用意していたのでした。

 やがてバンは目的地へ到着し、河原が手際よくセキュリティーを解除。金庫内への潜入に成功するのですが、犯行グループの1人が班目の正体に気づき、さらにこのところ組織に盾突いていた河原も邪魔者とばかり、2人は金庫の中に閉じ込められてしまいます。

 金庫内の酸素はもって4時間あまり。しかし、金庫の解除番号を知る店長と支店長は出張中で連絡がつかず、13係のメンバーはパニック状態に陥ります。


12
こんな記事も読まれています

『ドロ刑』中島健人の強引なキャラ変更は、社会人3年目の視聴者からの共感を得るため?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真