日刊サイゾー トップ > 海外 > エロ  > “会話するAIバイブ”が登場

口紅そっくりで人目も気にならず! 寂しい夜を慰めてくれる“会話するAIバイブ”が登場

オーディオブックのアダルト系ストーリーで「君を抱きしめたくて、もうタマらないよ」などという男の声を聞きながら、股間の振動を楽しむこともできる(キックスターター「Vibease」のページより。以下同)

 独り寝女性の必需品(?)、バイブレーター。寂しい夜に下半身を慰めてくれるスグレモノだが、モノがモノだけに、部屋のそのへんに置いておくわけにもいかない。誰かが家に来た時に見られようものなら、穴があったら入りたいほどの恥ずかしさに見舞われることだろう。

 そのカモフラージュとして、普通の電気マッサージャーを使うという手もあったが、これも今ではあまりにも一般的な手法になってしまい、部屋に置いてあったら「ふーん、やっぱり使ってるのね」となってしまう。

 そんな中、ネット上で資金調達ができるクラウドファンディングサイ「キックスターター」に、画期的なバイブが登場した。その名も「Vibease」(ヴァイビーズ)。

 口紅そっくりの形をしたバイブで、本物の口紅よりやや大きめとはいえ、これをひと目見てすぐにバイブとわかる人はほとんどいない。しかし、この製品が画期的なのは、形以外のところにある。

赤い口紅部分が振動する。長さが10センチと、普通の口紅より1.5倍ほど大きい

 バイブといえば、スイッチを入れるとウィーーーンという無機質なモーター音が出てきて非常に味気ない(中には“パブロフの犬”のように、この音を聞いただけで濡れてくるという女性もいるかもしれないが)。だが、「Vibease」は、“スマート・リップスティック”(賢い口紅)という別名がある通り、Googleやアマゾンのスマートスピーカーのように音声で指示を出すことができ、しかも音声で返答してくるのだ。

“Can you go faster?”「もう少し振動を早くしてくれる?」

“Anything for you, baby”「君のためならなんでもするよ、ベイビー」

 さらに、バイブの動きをパソコンのオーディオブックと連動させ、「Vibease」の開発メーカーが用意したアダルト系ストーリーの流れに合わせて振動の強弱をつけたりすることも。

 また、専用のアプリを使えば遠隔操作も可能で、遠く離れた恋人がバーチャルに女性を愛撫することもできるという。

 クラウドファンディングによりうまく資金が集まれば、年内には生産が始まるという。果たしてどれだけの資金が集まるか――。

最終更新:2018/11/02 14:00
関連キーワード

口紅そっくりで人目も気にならず! 寂しい夜を慰めてくれる“会話するAIバイブ”が登場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真