日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『大恋愛』『もののけ姫』裏で2ケタ

戸田恵梨香『大恋愛』が『もののけ姫』裏でも2ケタキープ! TBS社長はドラマ見てないの!?

TBS系『大恋愛~僕を忘れる君と』番組公式サイトより

 金曜夜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)は好調を持続。先月26日放送の第3話も、視聴率10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、2ケタキープでした。初回の10.4%から、徐々に数字を伸ばしています。先週、裏の日テレは『もののけ姫』でしたので、なかなかよい調子です。

 さらに今週は、TBS佐々木卓社長の定例会見で、初回の見逃し再生回数が167万回という同局ドラマ史上最高の数字を記録したことも報道されました。社長は会見で「王道の純愛ストーリーという直球を投げたつもりなんですけど」とか語っていたようで、たぶん見ないでしゃべってると思うんですが、大方の評判通り、たいへん面白いです『大恋愛』。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

 

■人を愛し、愛される“条件”のお話

 いろいろあって“売れない小説家”真司くん(ムロツヨシ)とラブラブカップルに相成った産科医・尚ちゃん(戸田恵梨香)。先日、若年性アルツハイマーの前段階であるMCI(軽度認知障害)という診断を受け、自覚症状もそれなりに出てきていますが、基本的にはポジティブに生きている様子。

「だって時間ないんだもん、幸せを感じれるうちに楽しく過ごしたいの」

 自分が記憶を失っていくという覚悟に裏打ちされたセリフが、なんとも悲しいところです。

 ところで尚ちゃんには、少し前まで同じく医師である婚約者がいました。その婚約者・井原先生(松岡昌宏)のことを、挙式寸前になって「好きな人ができた」と言ってフッたのは尚ちゃんのほうでしたが、病気が発覚した今となっては、それも結果オーライ。なぜなら井原先生のお嫁さんになる条件は「健康な子が産めて、母親になる知性がある女性」というもの。認知症患者に“知性”など求めるべくもないことは、尚ちゃん本人が最も理解しています。

 井原先生にもう気持ちはないけれど、あったとしてもヨリを戻す資格がないことを自覚している。新カレである真司くんは、そのすべてを受け入れてくれると言ってくれました。それでも、MCIがアルツハイマーに移行したら「別れよう」と告げる尚ちゃん。

「どうなっても別れないよ」

 真司くんのその決意には答えず、「あたしの頭の中に鍵かけて、記憶の砂が零れ落ちないようにして」と、おまじないに頼るしかありません。

 真司くんは真司くんで、尚ちゃんにできる限りのことをしてあげたい。とりあえずこの安アパートから引っ越したい。尚ちゃんは貯金が5,000万もある金持ちだけど、できればどうにか、自分の稼ぎでなんとかしたい。引っ越し屋のバイトを3倍に増やすなどしてみますが、収入は大して増えず、結果、過労による尿管結石で倒れてしまうのでした。

 

■で、頼れるのはどっちなのか

 尚ちゃんは、真司くんがずっと書いてなかった小説を書き始めていることに気づいていました。「思いついたことをメモしてる程度だよ」と真司くんは謙遜しますが、「真司には才能があるの。新しい小説が芥川賞獲って、大ベストセラーになって、印税が何億か入ってくるまであたしがお金出すから、だから頑張って」と、精いっぱい強がってみせるのでした。

 そんな尚ちゃんも、アルツハイマーの世界的権威であるかつての婚約者・井原先生の前では弱みをみせてしまいます。診察に訪れた病院で、認知症を患い妄想を抱いてしまったご老人を目撃すると、もうポジティブではいられません。

「あの人みたいになるなんて耐えられない」
「死んでしまいたくなる」
「病気が進行するより前に心が壊れてしまう」
「余命3カ月って言われた方が、ずっと楽だった」

 そして。

「先生、殺してくれますか?」

 その幼稚で、だけど切実な申し出も、井原先生は優しくたしなめてくれます。

「あなたも医師でしょう? そういうこと言うもんじゃありません」

 井原先生から、MCIの段階で使える新薬の研究についても聞かされた尚ちゃん、真司くんには言えない弱音を吐き出せたこともあって、上機嫌で診察を終えることができたようです。

 持ち前のポジティブを取り戻した尚ちゃんでしたが、不意に鳴った電話は、真司くんが倒れて病院に運ばれたという報せでした。


12
こんな記事も読まれています

戸田恵梨香『大恋愛』が『もののけ姫』裏でも2ケタキープ! TBS社長はドラマ見てないの!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真