日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > テレ朝『リーガルV』を休止したワケ

米倉涼子『リーガルV』日本シリーズ中継延長で放送休止 テレ朝が“苦情殺到覚悟”もお休みを決断したワケとは?

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』公式サイトより

 1日に放送予定だった、テレビ朝日系の人気ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(米倉涼子主演)第4話が、『SMBC日本シリーズ2018 第5戦 ソフトバンク×広島』の中継が延長になったため、放送休止となり、同局には苦情が殺到しているようだ。

 そりゃそうだ。『リーガルV』は初回から3話連続で15%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を果たしている人気ドラマだ。野球中継が終わり次第、放送されると思いきや、一転して“休止”して、翌週回しではファンが納得いかないのは当然のこと。

 ネット上は「野球が2時間半で終わるはずがなく、これなら最初から休みにしてほしかった」「判断が遅すぎ。休止なら、もっと早く知らせるべき。やり方が姑息」「『報道ステーション』をちゃんと見たかった人にとっても迷惑。野球の延長なんか、副チャンネルかBSでやれ!」「野球に興味ないのに、テレ朝を見ながらドラマを待っていたのに、休止ってファンに失礼」「ドラマを休止にしておきながら、後の『世界体操』は中継するってどういうこと?」などとして大荒れだ。

 そもそも、同日の同局の編成自体がおかしかった。野球の試合開始時間は午後6時30分。プロ野球の平均試合時間は3時間オーバーで、日本シリーズとなると、細かい継投も多く、公式戦より試合時間が長くなる傾向にある。従って、『リーガルV』放送開始の午後9時までに終了する可能性は極めて低かった。それでも、『リーガルV』の開始時間を午後9時に設定していたのは、なぜだろうか?

「野球中継が終わり次第、『リーガルV』をオンエアする予定になっていれば、野球を見たいわけではなくても、“ドラマ待ち”で、テレ朝にチャンネルを合わせる人も増え、野球中継の視聴率も上がるという、もくろみもあったのでしょうね。『リーガルV』の放送休止をアナウンスしたのは、午後9時45分。3-4でリードされていたソフトバンクが7回裏に4-4に追いついて、長い試合になると判断して、休止を決断したのでしょう。同局としては、午後9時~10時くらいまでに『リーガルV』を放送開始できれば、OKと算段していたのでしょうね」(テレビ関係者)

 結局、試合は延長戦に持ち込まれ、10回裏、ソフトバンク柳田悠岐選手のサヨナラホームランで決着したが、終わったのは午後11時近く。もし、テレ朝が『リーガルV』の休止を決断していなかったら、それこそ“深夜ドラマ”になるところだった。

「『リーガルV』の放送開始時間が遅くなればなるほど、リアルタイムで見る人は減り、視聴率が下がるのは目に見えていました。“高視聴率ドラマ”というブランドを保つためには、休止するしか選択肢がなかったのでしょう。CMを出稿しているスポンサーにとっても、放送時間が遅れて、視聴率が下がってしまうのは由々しき問題です。それらの理由で、視聴者から苦情がくるのを覚悟のうえで、休止としたのでしょうね」(同)

 日本シリーズ中継が延長されたことにより、40分遅れの放送となった『中学聖日記』(10月30日/TBS系)は5.4%で自己最低を記録。75分遅れとなった『獣になれない私たち』(同31日/日本テレビ系)は6.7%で、これまた自己ワーストを記録した。いくら人気ドラマといっても、『リーガルV』も大幅に放送開始が遅れれば、視聴率が下がるのは容易に予想されただけに、テレ朝の休止の決断は、ある意味賢明なのだろう。

 今年の日本シリーズは、広島と福岡を本拠にするチームの対戦とあって、視聴率は関東地区では低迷。第1戦(同27日/テレ朝)は12.8%を取ったが、第2戦(同28日/フジテレビ)は9.8%、第3戦(同30日/TBS)は10.1%、第4戦(同31日/日テレ)は9.7%で、1ケタ台も記録するありさま。その点、1日の第5戦は2ケタ台に乗せただけに、「野球中継が終了次第、『リーガルV』を放送すること」を前提にしたテレ朝の作戦勝ちかもしれない。しかし、視聴者の信頼を損ねたのは確かだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/11/02 19:30

米倉涼子『リーガルV』日本シリーズ中継延長で放送休止 テレ朝が“苦情殺到覚悟”もお休みを決断したワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真