日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ビビる大木の切ない人生訓

ビビる大木、“主役”をあきらめてたどり着いた「すごくシビアで、ちょっと切ない」人生訓

 11月2日放送『アナザースカイ』(日本テレビ系)に、ビビる大木がゲスト出演した。今回、彼が訪れたのはスコットランドだ。

 現在は芸能界の裏方に転向した元・相方、大内登と大木が結成したお笑いコンビ「ビビる」は、7年の活動を経て2002年に解散した。

「仕事もあったし、そこそこ給料ももらってる段階で相方が『辞めたい』って言ったんで、ってことは、考えた末の決断かなと思って『わかった』って言いました」

 その後、ピンになった大木が初めて一人で臨んだ海外ロケの地がスコットランドだったのだ。

 見知らぬ人(大内)の家に行き、大木が「水くれよ」と言うだけのコントなど、コンビ時代の大木はとがっていた。「コンビでゴールデンの冠番組を持ちたい」という気概が、彼の表現する“笑い”に表れていた。

 しかし、大木はピンになった。それ以降、「なんでもやる」という覚悟を持って活動するように。すると、ネタ番組以外の仕事が彼に舞い込んだ。2010年には『PON!』(同)の司会に就任。知名度が上昇する大木。しかし、同時に悩みが深まった。

「とがったセンスっていうか、そういったものがなくなっていった感じはやっぱりありますね。『牙がない』とか、いろいろ言われましたから。『なんで大木がテレビに出てんの?』『大木、別に何もしてねえじゃん』って結構言われたんですよ」

 そういった世間からの声も、大木は受け止めた。ピンになってからは「番組が面白くなりさえすればそれでいい。牙があるかなんてどうでもいい」という心境になったそうだ。


12
関連キーワード

ビビる大木、“主役”をあきらめてたどり着いた「すごくシビアで、ちょっと切ない」人生訓のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真