日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > アイドル界“地方公演”の悲しい現実

ハロプロ「Juice=Juice」の京都公演中止に見るアイドル界“地方公演”の悲しい現実

【校正待ち】ハロプロ「Juice=Juice」の京都公演中止に見るアイドル界地方公演の哀しい現実の画像1
ハロー!プロジェクト オフィシャルサイトより

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・Juice=Juice(ジュースジュース)が18日に開催を予定していた京都公演が、急きょ中止となった。公式サイトによると、事務所側の不手際により、会場が確保できていなかったことが判明したという。同グループは、『Juice=Juice LIVE GEAR 2018~Esperanza~』と題した全国ツアーを開催中だった。

「コンサート会場を確保するのはイベント会社の仕事なので、事務所がその確認を怠っていたということでしょうか。しかし、開催まで20日を切った時点で、会場が確保できていないことが判明するのも不自然な気がします。しかも、会場名を告知してチケットを販売していたわけですからね」(アイドル誌ライター)

 となると、疑われるのは先頃の沢田研二の“ドタキャン騒動”でもあったように、中止の裏には客の不入りが関係していたのではないか、ということ。

「それはないでしょう。Juice=Juiceは2013年にメジャーデビューして以来、シングルはすべて音楽チャートのトップ5内に送り込んでいますし、今年8月に発表したアルバムも4位を記録したほどの人気グループ。先月29日には、日本武道館でのコンサートも成功させています。開催予定だった京都FANJはキャパ600名のライブホールなので、客席が埋まらないなんてことはないはず」(同)

 しかし、キャパが1万人規模の武道館でコンサートを開催できるほどのアイドルグループが、全国ツアーで地方のライブハウスも回るという“落差”には驚かされる。

「アイドルブームとはいわれますが、多くのアイドルグループのファンは関東近郊に集中しており、地方では知名度がそれほどありません。地方公演が成り立たないほど、客が不入りであることもしばしばです。その上、地方だと交通費や宿泊費も余計にかかってしまうわけですからね。ライブハウスとはいえ、全国ツアーができるJuice=Juiceはまだマシなほう。地方のアリーナクラスの会場を満杯にできるほどの動員を誇るのは、48グループと坂道シリーズぐらいなのが現実なんです」(同)

 全国ツアーというと聞こえはいいが、実態は“ドサ回り”といったほうが正確なのかもしれない。

最終更新:2018/11/08 12:00

ハロプロ「Juice=Juice」の京都公演中止に見るアイドル界“地方公演”の悲しい現実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真