日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『プリレジェ』「強引なキスは暴力」

「強引なキスは暴力」『PRINCE OF LEGEND』白石聖の“媚びない”演技と演出で乙女系作品の概念を覆し、女性視聴者から賞賛の声! 

『PRINCE OF LEGEND』公式サイトより

 深夜のトンチキ胸キュンドラマとして放送中の『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)。10月31日深夜放送の第5話では、鈴木伸之くん演じる「京極兄弟」の兄・尊人が大暴れし、パワーワードが炸裂! まずはあらすじから振り返っていきたいと思います。

(前回までのレビューはこちらから)

■Episode5「奴は唇を殴られた!! 王子倒れ野望果てるか!?」

「俺は自他共に認める兄貴を愛しすぎている弟だ」という、「京極兄弟」の弟・竜(川村壱馬/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)のとんでもない独白から始まった第5話。「兄貴は俺にとって絶対的エース」「“かっこいい”って言葉は兄貴のためにある」そうです。

 前回、果音(白石聖)のことを好きになったフラグが立った竜ですが、何でも兄貴のマネをしたくて「兄貴が持ってる物はみんな欲しい」ため、果音が好きなわけではなく、兄・尊人(鈴木伸之/劇団EXILE)のマネをしたくなっただけみたい。

“ヤンキー王子”尊人のほうはというと、果音が通う聖ブリリアント学園に乗り込み、デートの約束を取り付けることに成功して大喜び。しかし、果音がOKしたのは、大好きな兄のために、竜が再び頼み込んだ結果。前回同様、果音様は無言の圧力をかけ、竜の財布から福沢諭吉を巻き上げます。

 その後、京極兄弟に振り回されてお疲れの果音様は、体育館の倉庫の陰に隠れてこっそりタバコに火を点けようとするのですが、彼女のストーカーと化した尊人が「やめとけ」と制止。ヤンキーのくせに、根は真面目のようです。

 しかし、これにイラッとした果音様。「台本がないと無理……」と小声でつぶやくと、通常モードにスイッチを切り替え、竜から巻き上げた福沢諭吉を片手に、「さっきあなたの弟に頼まれました」と、お金で雇われ演技をしていたことを明かすと、一年前に尊人が見た不良たちをやっつけた自分の姿は、映画研究部の撮影のワンシーンだったと、とても冷たい目と声色であっさりバラします。そして、

「男の妄想、押し付けるのやめてもらえますか?」

 と、第1話で「セレブ王子」奏に言ったセリフを、尊人にも浴びせました。

 天使だと思っていた果音が本当はとんでもない堕天使だったと知り、頭を抱える尊人。彼女の豹変ぶりは、ドン引きしてもおかしくないほどですが、「お前、嫌な女だな……でも、悪くねえ」と、惚れたら負け状態の尊人にはダメージゼロで、尊人は果音に近寄り、そのままキス(!)した挙句、ギュッと抱き寄せ、「好きだ。お前は俺がもらう」と、大胆告白。果音様は走り去ってしまいました。

 後ろで2人の様子を見ていた、果音に想いを寄せているらしい「Team ネクスト」の赤髪の“ダンス王子”天堂光輝(吉野北人/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)は、思わず尊人に殴りかかるものの、下町最強のヤンキーが集う「玄武高専」のトップにに勝てるわけもなく、秒殺。

 同じく、大好きなお兄ちゃんのラブシーンを見て呆然としていいた竜。お金で果音を雇ったことを怒られるのかと身構えていましたが、「お前のそういうとこ、俺は大好きだ!」と手を横に大きく広げる尊人に喜んで飛びつき、熱いハグを交わします。とんだ兄弟愛です。

 その後、すっかり果音にメロメロの尊人は、「玄武魂捨てんのかよ」という弟の言葉に「だって果音のそばにいたいじゃん?」と、仲間意識の強いヤンキーらしからぬ発言で、聖ブリリアント学園への転校を宣言。一方、尊人に秒で倒されてしまった天堂は、「果音さんは誰にも渡さねえ……!」と復讐心を燃やすのでした。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed