日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『プリレジェ』「強引なキスは暴力」

「強引なキスは暴力」『PRINCE OF LEGEND』白石聖の“媚びない”演技と演出で乙女系作品の概念を覆し、女性視聴者から賞賛の声! 

■「あれはキスじゃねえ。果音さんは唇を殴られたようなもんだぞ」

 この天堂のセリフの通り、今話のタイトルは彼のことを指していることがわかります。確かに果音にしてみれば、よく知らなければ好きでもない他校のヤンキーに強引に唇を押し当てられたわけだし、好きな女の子と他の男のラブシーンを目の前で見せられた天堂にとっても、頭を殴られたような衝撃が走ったはず。

 乙女系作品には“あるある”な一方的なキスを、「暴力」と表現し、美しく描きすぎないLDHさん、さすがだなあと思いました。ネット上でも、女性陣たちから「キラキラ恋愛ものと見せかけてそれらの展開に正面からツッコミをいれてくるプリレジェ」「強引なキス=暴力ってまさにその通り」「ストレスなく観られる、あれは暴力だよな」「プリレジェは信用できる」などと賞賛の声が。

 公式サイトで「“胸キュン”の時代は終わり、“新時代”が幕を開ける――」とうたっているくらいですから、この作品は、これからもそういった概念をことごとくつぶしていってくれるのかもしれません。

 

■白石聖の“媚びない”演技

 前シリーズ『HiGH&LOW』(以下、ハイロー)では、ヤンキー同士の勢力争いが大きなテーマで、鈴木伸之くんが演じていたヤマトの幼馴染み・ナオミ(藤井萩花)や、窪田正孝くん演じるスモーキーの血の繋がらない妹・ララ(藤井夏恋)などの女子メンバーも登場したものの、特にこれといったラブシーンはありませんでした。

 今作は乙女系作品だけあって、5話までで2度のキスシーンがあったわけですが、大勢のファンを抱えるLDHのタレントを相手にする果音役の白石聖ちゃんは、さぞかし大変なことだろうと思うのですが、ネット上のファンの反応をみても、そこまで批判な声はあまり聞かれず、むしろ好意的な声が多いイメージです。

 それにはきっと、果音のキャラクターが大きく関係しているんだと思います。清純でかわいらしいルックスで、演技モードに入ったときの果音は、女の子オーラ全開で、キラキラしているのに、素の彼女はとっても冷めていて、ツンケンしている。おまけにタバコまで吸っちゃう。女の子女の子していない、そういう媚びていないキャラクターが、女子たちにウケているんでしょう。もちろん、白石聖ちゃんにそれを演じ切れる力がなければ、成り立ちません。

 彼女は2016年に『AKBラブナイト 恋工場』(テレビ朝日系)でデビューを果たし、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)や数々のCMに出演。今春放送のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)では、Sexy Zone・佐藤勝利くんの同期役を務め、「かわいい!」と話題になりましたが、映画とドラマの撮影は今年の1月から3月に行われたそうですから、世間から関心を向けられるようになるかなり前から、ヒロさんは彼女に目をつけていたのでしょう。さすがです。

 ドラマは、来年3月公開の映画でなぜ14人の王子たちが「伝説の王子」を目指しバトルをすることになったのか、その前日譚となる、彼らと果音の出会いが描かれているわけなのですが、ここまで王子たちの目線でしか語られていないので、今後、果音ちゃん視点で彼女自身について何か明かされることを期待したいです。

 今回、喫煙者であることを匂わすシーンがあったため、「タバコを吸おうとしたつまり成人しているということは、本物の成瀬果音は別にいる説も成り立つ」と、考察する人もいるようですが、果たして……。

 

■すでに渋滞気味の王子たち

 さて、過去の同枠のドラマは全10話編成でしたから、プリレジェも同じと考えると、残りは5回。まだちゃんと登場していない「先生」「3B」「理事長」の3チームがあるわけですが、今夜放送の6話のメインは、尊人にライバル心を燃やす“ダンス王子”天堂光輝。

 果音の名前は覚えていないくせに、奏のことはしっかり覚えていてやけに彼に執着する、生徒会長王子”綾小路葵(佐野玲於/GENERATIONS from EXILE TRIBE)や、“金髪SP王子”ガブリエル笹塚(関口メンディー/GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)、それに側近でラップ&ボイパ担当のアゴボーイ(森本壱星)やアンディー(久保田賢治)など、気になる人物もまだまだいるのですが、果たして残り5回でどこまで消化することができるのか……。

 5話ではあまり出番のなかった“セレブ王子”奏(片寄涼太/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の顔芸にも期待しつつ、とりあえず、今夜もテレビの前に待機したいと思います。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

最終更新:2019/02/19 16:36
12
こんな記事も読まれています

「強引なキスは暴力」『PRINCE OF LEGEND』白石聖の“媚びない”演技と演出で乙女系作品の概念を覆し、女性視聴者から賞賛の声! のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真