日刊サイゾー トップ > 芸能  > 東方神起は、なぜ生き残ったか

東方神起は、なぜ生き残ったか……「K-POPアーティスト」表記NGの徹底ぶり

東方神起 オフィシャルウェブサイトより

 月刊情報誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)によると、2018年のコンサート動員ナンバーワンはK-POP男性デュオの東方神起だという。彼らが今年日本で動員した観客数は128万人で、デビュー30周年を迎えたB’z、引退ツアーで稼ぎに稼いだ安室奈美恵らのライブ動員数を上回り、日本と海外を合わせたアーティストの中で最も多かった。

「第3次韓流ブームと言われる昨今でも、他のK-POPアーティストがベスト10圏外である中、大したものです。例の徴用工判決をめぐり、雲行きが怪しくなってきたものの、東方神起は防弾少年団、TWICEと並んで、『NHK紅白歌合戦』へK-POP枠での出場が有力視されています。2008、09、11年の3度、紅白に出場している東方神起ですが、第2次韓流ブームだった11年に、ともに出場した少女時代とKARAが、現在は新世代のガールズグループに取って代わられていることを考えると、その人気の息の長さは驚異的です。もっとも、彼らはK-POPブームにあやかってブレークしたわけではないので、当然といえば当然なのですが」(音楽ライター)

 というのも、東方神起はヨン様人気による第1次韓流ブームが陰りを見せ始めた05年に日本で正式デビューを果たすのだが、当初から韓流ブームとは距離を置いていたからだ。

「所属事務所であるSMエンターテインメントの戦略によって、東方神起は海外進出を大前提にしていました。そして、日本での活動においてはブームに便乗するのではなく、継続的にJ-POPアーティストとして活動すべく、韓流色を極力出さずに売り出していたんです。韓流雑誌には一切露出しなかったし、K-POPアーティストとして扱われることもNGにするほどの徹底ぶりでした。現在の人気は韓流やK-POPといったブームに頼らず、“東方神起”という看板だけで築き上げたもの。そのため、ブームの栄枯盛衰やグループ分裂騒動、メンバーの兵役による活動休止などを経ても、揺るがない人気を誇っているのです」(同)

 その意味では、コンサート動員ナンバーワンは東方神起にとって、何よりの“称号”と言えるだろう。そして、徴用工判決によって、彼らをK-POPアーティストとして紅白から排除しようとする動きは、痛恨であるに違いない。

最終更新:2018/11/08 19:30

東方神起は、なぜ生き残ったか……「K-POPアーティスト」表記NGの徹底ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真