日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中圭と内田理央に「やっぱり」の声

田中圭「内田理央と深夜密会」報道に、ファンから「やっぱり……」との声が上がるワケ

『おっさんずラブ』公式Instagramより

 4~6月にかけて放送されたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で主人公を演じ、一躍人気俳優となった田中圭。そんな絶好調の彼に8日、「内田理央との深夜個室会合」が報じられ、話題となっている。

「女性セブン」(小学館)によると、都内の繁華街にある雀荘で60代以上の高齢男性3人と共に賭け麻雀を楽しみ、その後タクシーで移動したという田中。向かった先は妻子が待つ自宅ではなく、自宅近くにある行きつけの飲食店で、そこにはモデルで女優の内田理央がいたそう。田中らがいる個室からは、親しげな会話が聞こえていたとのことだった。

 内田は『おっさんずラブ』で田中の幼馴染み役を演じており、当初、この報道に対し、男女の仲ではなく「ドラマ出演者同士の飲み会では?」といった声が多数見受けられた。しかしその後、「田中と内田はデキている」といった見方が強まっている。

「今年放送された任天堂のCMでも2人は共演していたのですが、その際、田中さんのファンの間では、『やたらベタベタした雰囲気を醸し出している』という声が上がっていたんです。そのため、今回の報道受けて『絶対一線越えている』と見る人は多い。“イクメン”や“愛妻家”エピソードで好感度を上げていただけに、ファンは幻滅しているようですね」(芸能記者)

 また、その場には内田のほか、田中の友人男性もいたようなのだが、これに対しても批判が起こっているようで、

「田中さんはこれまで、何度か飲み会での姿を週刊誌に撮られています。しかし、すべて知人を呼び、複数人の飲み会のようにカモフラージュしている。それは、妻のさくらと結婚する前に撮られた際にも同様です。そのため、ネットでは『いくらでも言い訳できるようにしていて腹が立つ男だ』と批判が。また、手口が一貫しているということで『常習犯なんだろうな』との見方もあり、田中さんへの批判が加速していますね」(同)

 今年大ブレイクを見せ現在絶好調の田中だが、ハメを外しすぎるといつか取り返しのつかないことになるかも!?

最終更新:2018/11/09 09:45
こんな記事も読まれています

田中圭「内田理央と深夜密会」報道に、ファンから「やっぱり……」との声が上がるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...…
写真